車椅子利用者でも行ける居酒屋選び

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。車椅子ユーザーの私もたまには居酒屋に行きたいものです。ただ車で移動しているので、残念ながらソフトドリンクになりますが、それでもみんなと一緒に騒ぎたい!と思う今日この頃です。

都内で身障者用駐車スペースを見つけるのは難しい

当然、居酒屋に入ると2~3時間は長居するので、車椅子ユーザーにとって身障者用駐車スペースと身障者用トイレは必須項目。都内は身障者用の駐車できるスペースが本当に少ないんです。Google Earthで都内の身障者用駐車スペースをくまなく見てみても、平面駐車場の身障者用駐車スペースを見つけるのが難しいくらい。

公安委員会から頂いている「駐車許可証」を提示すれば、道路に駐車することも可能ですが、これだけ密集している都内の土地事情を考えると、無理やり道路にとめた場合、誰かに迷惑がかかる可能性も出てきます。車椅子ユーザーの友人は「駐車許可証」を提示しても、住民からの苦情をもらうことはよくあるとの事。

どうしても行きたい場所付近に身障者用駐車スペースがない場合は、「駐車許可証」を使用することはやむをえませんが、上記のようなトラブルを発生したくないことから「駐車許可証」の使用をためらってしまいますね。これに関しては賛否両論がありますが、私は上記の考え方でいきたいと思っています。

身障者用トイレが一般の居酒屋にあるケースはほぼ皆無

次に、居酒屋に身障者用トイレがあるか否かですが、一般の居酒屋にはほとんど身障者用トイレがないんです。ほとんど0%に近いくらいの数字である。そうなると狙うは、商業施設の入っている高層ビルやショッピングモールに入っている居酒屋です

●サンシャイン60●カレッタ汐留●イオン南砂店(居酒屋が入っているビルが隣接)などは身障者用駐車スペースも身障者用トイレもあります。

あとはファミレスだが居酒屋のような場所●とんでん

このチェーン店には看板で車椅子マークがあればほとんど身障者用駐車スペースと身障者用トイレが設置されているのでとても助かります。ただ結論的には、残念ながら現状の居酒屋選びはかなり難しいことが分かりました。引き続き、こういった調査は続けていき、情報を得られ次第、発信していきたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です