車椅子で利用するにはスロープの勾配についても検討が必要

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。車椅子利用者において階段・段差ばかりがバリアフリーだと思っていませんか?スロープがあるから大丈夫だと思っていませんか?この判断によって、トラブルがよく発生しております。お店などを経営している方には、ぜひとも知っていただき内容です。

車椅子のバリアは階段・段差でだけでなく勾配も影響する

実際に目的地の事務所に電話すると「うちはスロープなので大丈夫です」といった回答が返ってきます。

実際に現地へ行ってみると「何だ、この勾配は?」となるケースがあります。担当者はスロープ=車椅子利用可能と判断したのでしょうが、車椅子を利用していも厳しいスロープがあっては利用することができません。介助される方がいても大変でしょう。

法律で定められている基準は「12分の1」の勾配

バリアフリー法で定められている勾配は、以下の基準です。
勾配は12分の1を超えないこと。ただし、高さが16センチメートル以下のものにあっては、8分の1を超えないことです。

ちなみに12分の1の勾配とは「高さ1メートルを12メートルかけて上がる(下がる)」のスロープのことを意味します。6メートルかけて0.5メートル上昇(下降)している場合も同じく、12分の1の勾配となります。

実際に一般の乗り慣れている車椅子ユーザーならば、12分の1の勾配は大丈夫でしょう。ただし、長い距離ならばかなり疲れると思います。

8分の1は助走があれば大丈夫だと思います。逆に言うと助走がなければ8分の1は、パッとみて傾斜がかなりあるので難しいかもしれません。8分の1より勾配がある場合は、いくらスロープがあっても自走で上るのは不可能に近いです。

もちろん、パラリンピックに出場するような体力のある方ならば上っていくと思いますが、あくまでも一般的な車椅子ユーザーが「できる」というのが基準になるため「できない」と判断するのが妥当であると思っております。

無理をして途中でダメなら後ろへの転倒の恐れも

無理をして上って途中でダメな場合は、後ろへの転倒になりかねないことを注意しなければなりません。誰かそばに人がいるならば、助けを求めた方がいいでしょう。私も高知県の桂浜公園に行った際に、上り切る手前でピンチに陥りました。たまたまそばにいた観光客に助けていただきました。

観光地に行くと、厳しい勾配をよく見かけます。私が今まで訪れた中で最強の勾配は、上野動物園のペンギンコーナーの前(東京都)・三保の松原の入口(静岡県)・袋田の滝までの道のり(茨城県)などはかなりの勾配です。この3ヶ所においては、介助者がいても、坂の上り下りは恐怖すら感じるレベルです。

この3ヶ所に共通するのは、改修工事が不可能であること。改修スペースの問題だけでなく、歴史的な背景などもあるので難しいと思います。歴史的な背景のあるものについては、改修そのものが許可されていない場合もあります。

実際に上記の施設を事前に調べるのは、施設のホームページだけでは参考にならないため、実際に行ったことのある人が書いたホームページなどを検索して、経験談を読むのがいいのではないかと思います。

下りも注意が必要。行けるか行けないかはその場で判断。

最後に上りだけが大変だと思いますが、下りにも注意が必要です。車椅子で降りる場合は、ハンドリムをつかむことでブレーキになりますが、勾配がきつい場合は、手が熱くなります。状況によっては摩擦の強さから握ることが不可能になります。そうなればブレーキをかけられなくなってスピードがより増していきます。

スピードが増していくと、衝突の可能性がありますので十分に注意してください。大事なのは、この勾配は行けるのか行けないのかその場で無理をしない判断が必要だと思います。無理をするくらいなら、リタイアした方が賢い選択です。けがを引き起こさないことが一番重要ではないでしょうか?

そのため今後バリアフリーの店舗を設計していく場合は、スロープの勾配についても重要であることをぜひとも認識していただきたいと思っております。実際には車椅子ユーザーに試してもらい、利用が可能かどうかをチェックしてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です