車椅子ユーザーのバリアフリーな生活に重宝する「オートボックス」とは?

2017.08.01 (火)

車椅子ライフデザイナーのまおうです。今回ご紹介するのは、私の車に取り付けているミクニオート&ライフ社が販売している「オートボックス」です。こんなに素晴らしい機器があるのかと未だにビックリしております。

長年治らなかったテニス肘が快方に向かった

私がこのオートボックスを知ったのは、ちょうど4年前の国際福祉機器展でした。オートボックスというのは車内に車椅子を積み込むのではなく、リフトで自分の車椅子を持ち上げて、天井に収納するものです。サーフィンのボードを積み込むようなものが天井についております。

 

なぜこのオートボックスに魅かれたのかというと、長年私はテニス肘に悩まされておりました。車椅子から車に乗り移るときなどは肘に負担がかかり、激痛に見舞われます。しかも車椅子を車内に積み込む際には、毎回痛みが走りました。※ちなみにテニス肘はテニスをしていたわけではありません。

 

折り畳みの車椅子の重量は約14キロ位です。それを右腕で持ち上げて車内へ収納するんです。腕の力だけで持ち上げるので、身体にはものすごく負担がかかります。できればこの痛みを軽減したいと思っておりました。

 

かかりつけの整形外科医からも日常の生活をしている以上、残念ながら治る見込みはないと言われておりました。そこでオートボックスがあれば、車を収納するときの痛みから解放できると思いました。実際にその後は肘の痛みがなくなり、使わないことが一番快方に向かうことを知りました。

雨の日にはとても役立つアイテム

さらにオートボックスは長年の悩みだった雨の時の乗り移りも解決してくれました。車椅子ユーザーにとって雨が天敵だということは以前もお伝えしました。オートボックスがあれば車から車椅子に乗り移る際に、傘代わりになってくれます。そのためクッションを濡らすことがありません。

 

大したことのないように思えるかもしれませんが、一旦クッションが濡れてしまったら仕事をしている時も濡れたクッションに乗り続けなければならないのです。そんな不快な思いから解放できるのは、何よりの喜びです。

 

また車内に車椅子を収納することでタイヤの汚れがシートにくっつきます。特に雨の日に走行したり、泥がついた走行をしたら瞬く間に車内が汚れます。私的にはそれも解消できたのは嬉しかったです。

車を買い替える時だからこそ購入しやすくなる

値段を考えると高い買い物になりますが、車を買い替える時に車の価格とオートボックスなどの機器の価格を含めたトータルの価格で考えるようにしております。そう考えることでなんとか買うことができました。

 

オートボックスの色についても、ディーラーがミクニライフ&オート社へ色を伝えて同色にすることができました。本当に便利なアイテムです。もし車を買い替えるときには、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

ミクニライフ&オートHP→こちら

オートボックスの動画→こちら

テニス肘(日本整形外科学会HP)→こちら

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 車椅子ユーザーのバリアフリーな生活に重宝する「オートボックス」とは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP