バリアフリーにおける多目的トイレはビルに1つあれば大きく変わる

2018.07.14 (土)

あなたのお店の『バリア解消』請負人 バリアフリースタイル代表の白倉栄一です。お店にとって今以上にお客さまの数を増やしたいと思っていらっしゃるでしょう。その手段として「バリア解消」を考えてみてはいかがでしょうか?増え続けている車椅子利用者に対応したお店となれば、高齢者・障害者、そしてその家族、友人、同僚などもいらっしゃるお店になるでしょう。

バリア解消は「多目的トイレ」が大きなポイント

そこで飲食店におけるバリア解消に欠かせないのは、多目的トイレがあるかどうかになります。もちろん段差においても大きなポイントではありますが、入口が階段になっていれば、バリア解消にはエレベーター設置費用だけでなく、スペースの確保の課題も出てくるために、大がかりな改修工事になってしまうかもしれません。でもトイレの場合であっても改修費用はかかるものの、エレベーター設置に比べればそこまで大がかりにはならないでしょう。

 

もしあなたのお店がビルの中の1テナントであれば、他にもいろいろな飲食店(テナント)があるにちがいありません。となればあなたのお店に多目的トイレを設置するのではなく、ビルに1つだけでも多目的トイレをつける構想はいかがでしょうか?もちろんビルのオーナーが多目的トイレをつける権限をもっているので、うまくいくかどうか分かりませんが、あなたのお店以外のお店も多目的トイレをつけたいとなったらどうでしょう。

 

オーナーが費用負担をするケースがほとんどですが、もしビル全体の飲食店が各自に改修費用を負担しても、1店舗でトイレを設置することに比べたら、経費負担はかなり軽減されるでしょう。そしてこれだけ都内においても、多目的トイレの設置が圧倒的に少ないことを考えれば、増え続けている高齢者などの車椅子利用者に対応したビル、そしてお店として珍しい場所として話題になるにちがいありません。

都内には多目的トイレのある一般的なビルはほとんどない

しかも○○ビルには、多目的トイレがあるという情報が車椅子利用者によって話題になる可能性があります。なぜなら大きな商業施設の入ったビルであれば、多目的トイレや身障者用駐車スペースなどを設置されていますが、一般的なビルには多目的トイレがついていることは、あまり見かけたことがないので、多目的トイレがあるという情報はサプライズに近いものになるでしょう。それだけ世の中のバリアフリーのところは少ないのが実態です。

 

ビル全体の店舗が競合店という気持ちから、他のお店にお客さまが流れてしまうのではないかと思うかもしれません。でも私の推測ではありますが、圧倒的にバリアフリー、多目的トイレの少ない中では、むしろプラスに働くのではないかと思います。

 

例えば渋谷を考えると、渋谷ヒカリエなどの大型商業施設やセルリアンタワー東急ホテルのような大手ホテルのロビーには多目的トイレが設置されていますが、それ以外の施設で多目的トイレがあるところはあまり聞いたことがありません。つまり渋谷センター街で多目的トイレのある飲食店は、残念ながら少ないもしくはほとんどない状態です。

ビルに1つあるだけで大きく変わる

そうなると1軒のビルに多目的トイレがあるだけで、もしお店が3階であっても、2階に多目的トイレがあれば車椅子利用のお客さまにとって助かるでしょう。まさにバリア解消につながり、その情報をホームページなどで発信することで、あなたのお店に車椅子利用のお客さまがお越しになることが考えられます。今以上のお客さまの数を獲得するならば、バリア解消にすることも視野に入れてみるのはいかがでしょうか?

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: バリアフリーにおける多目的トイレはビルに1つあれば大きく変わる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP