オリジナルの電動車椅子を作り続ける日本の匠「㈱メックデザイン 井上和夫社長」

2017.05.24 (水)

車椅子ライフデザイナーのまおうです。今回はオリジナルの電動車椅子を製作している凄い人をご紹介します。㈱メックデザインの井上和夫社長です。

井上社長の見た目は、タレントの所ジョージさんのような感じで、ちょっと小太りでファンキーな親父さんって感じでした。まさにかっこいいんです。でも年齢は67歳なんです。ものすごく驚きましたよ。生きざまがかっこいいから、若く見えるんでしょうね。

筋ジストロフィー症の親友のために作ったことがきっかけ

㈱メックデザインは、東京の練馬区にある工房です。入口には「吉田いす」と書かれていました。一瞬、吉田社長?と思ってしまいますが、吉田さんのために作った車椅子なので吉田いすなんです。それを「吉田いす」と名付けてしまったんですよ。

入口にスロープをかけてもらって、工房の中に迎えてくれました。そこにはいろいろな部品や製作品が置いてあり、街のサイクルショップや自動車修理工場のような感じでした。日頃から電動車椅子の研究をし続けているようです。

電動車椅子製作への想いは単なる医療機器ではなくエンジョイも追求

まず私たちに見せてくれたのが、東京MXテレビで紹介された「企業魂」というコーナーでした。井上社長の電動車椅子製作への想いを知ることができました。その内容はホームページでも紹介されております。以下の通りです。

 友人の吉田くんが筋ジストロフィーになり余命が長くないと診断されて、何か力になれないかと電動車いすを作り始めました。友人のために電動車いすを作るという夢のようなことが、いつの間にか本業になってしまいました。

作り始めた頃、吉田くんがよく言っていたのは「電動はどれも医療器具みたいでそれに乗るのは抵抗感があったんだ」「自分が身障者だって再認識させられてしまう」後天的に身障者になられた方々はそんな思いが強いと思います。

乗って楽しむ、気分良く乗れる、走行をエンジョイする、狭い屋内での動きをフォローしてくれる、こういうこともできる、ああいうこともできると、生活を一変させるようなそんな風に思うことができる電動いすを作ることが必要なんです。歩けないから仕方なく乗る、乗りたくないけどしょうがない、そんな車いすではだめです。

本当に必要な、力になってくれる、ずっと座っていても疲れない、移乗も楽で高いところも低いところも手がとどく、そんなオンリーワンが必要なんです。

このようなプロユース的な電動いすをもっと作れたらと思います。楽しい電動いす、プロユースの電動いす、日常をもっとリッチにしてくれる電動いす、そんな電動車いすを目指します。 ~井上社長のHPより引用(中略あり)~

舞台照明で活躍されてきた井上社長は、筋ジストロフィー症になった親友の吉田さんのために電動車椅子を作ってあげたことをきっかけに、今では他のメーカーから作れないと断られてきた方々をたくさん救ってきました。そういった意味では、井上社長こそが最後の砦なんです!

話していると、どんどんいろいろなことを聴きたくなるんです。アイディアが斬新なんですよ。それでも井上社長は謙虚な方です。「私はハイテクな物は作れない。すべてローテクなんです」と笑っておっしゃっていました。

車椅子利用者の様々な要望を聞いて新しいものを挑んでいく

実際に試乗してみました。車椅子に乗っても一般の人と同じ目線で話せる電動車椅子に乗りました。100キロ近くある私を持ち上げてくれるだけの耐久性があります。なんと200キロまで大丈夫なんです。それ以外にも砂浜を走れる電動車椅子・立位になって動ける電動車椅子など様々な要望に応じて作ってくれるものばかりです。

海外メーカーならすごく高価なものでも、井上社長ならリーズナブルで作ってくれるんです。レーシングカーのシートをつけた車椅子だって作っちゃうんです。実用性だけでなく、ワクワクするような楽しい部分も兼ねそろえるところが、QOL(qualty of life: 生活の質)を上げるんです。

高齢者や障害者になると、生活の中で我慢することは多くなります。重症化すればするほど諦めが多くなると思います。でも生きていく上で少しでも楽しみたいものです。だからこそ車椅子生活だから「できる」だけではダメなんです。「楽しむ」まで持っていくことが重要だとおっしゃっていました。

井上社長はまさに「日本の匠」

これからも素晴らしいものをどんどん作ってくれると思います。井上社長には残念ながら後継者はいませんが、「あと10年ぐらいは大丈夫だよ!」って笑いながらおっしゃっていました。

「日本の匠」に会ってものすごく元気をもらいました。今後の井上社長の活躍がものすごく楽しみです。興味のある方は一度工房へ訪問をしてみてください。井上社長の楽しい話と素晴らしい機器に触れてみてはいかがでしょうか?本当に魅力のある人だという事が分かりますよ。

社名:株式会社メックデザイン
代表取締役:井上 和夫社長
住所:東京都練馬区豊玉北4-31-2 パレーゼ山手1F
電話:03-6914-6880
HP: https://www.mec-design.jp/
ブログ:http://blog.livedoor.jp/yoshidachair/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: オリジナルの電動車椅子を作り続ける日本の匠「㈱メックデザイン 井上和夫社長」

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP