車椅子でも楽しめる伊豆半島バリアフリー旅(富士川楽座【富士川SA上り】)

2017.01.15 (日)

(旧ブログ2016.10月掲載内容)

駿河湾フェリーを降りて、東名高速道路の清水ICに向かいました。

清水ICから東名高速道路で上り方面へ。

車椅子ユーザーにとって大事なスポットは身障者用トイレがあることです。

一般道を運転している場合は、道の駅があれば身障者用トイレの設置があると分かっても、道の駅以外にはどこに身障者用トイレがあるのか不安になってくるものです。

一般の方々がコンビニエンスストアには身障者用トイレってあるんじゃない?

と言いますがほとんどありません。

そうなると一般道は不安があるんです。

そこで高速道路に乗れば、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)には身障者用トイレは必ず設置されているので安心です。

そこでまず向かったのが、富士川サービスエリア(SA)。

このSAはとにかく大きいので有名です。

建物が大きく2つに分かれておりますが、今回は富士川楽市楽座という建物の方に行ってみました。

Img_8955

身障者用駐車スペースも完備しております。

Dsc_2756

駐車スペースのそばには屋台のようなお店がいろいろと出店しております。

建物の中に入らなくても食べ物を購入することができますね。

Dsc_2754

Dsc_2755

それでは早速、建物の中に入ってみます。

Dsc_2757

Dsc_2758

びっくりしたのがこの建物は5階建てになっていました。

さすがにサービスエリアでこのような階層のビルは初めてです。

Dsc_2765

珍しいです。

さらに入口階が3階になっているので間違えてしまいそうです。

このサービスエリアは一般道(道の駅)からの利用が可能になっています。

一般道(道の駅)からは1階が入口階になるようです。

最近は、高速道路だけでなく、一般道からも利用が可能になっているサービスエリア・パーキングエリアが増えていますね。

そうなることで利用者数が大幅に増えるので、ショッピングモール化になっていき活気づくのは間違いないです。

サービスエリア・パーキングエリアで楽しむというのが昔では考えられないことです。

やはり民営化になったことがもたらした形なんでしょうね。

建物の中に入ると自転車が飾られていました。

Dsc_2759

なぜ自転車?

そしてお土産コーナーが充実しておりました。

お腹が空いたのでレストランへ・・・。

レストランが何軒もありものすごく充実しております。

Dsc_2769

Dsc_2768

どのお店に入ろうかすごく迷います。

Dsc_2762

Dsc_2763

駿河湾が近い場所ですので海鮮がらみの料理が目立ちます。

この付近だと桜エビとか生しらすとかが有名ですね。

私が入ったレストランからはこのきれいな眺めを見ることができます。

Dsc_2771

Dsc_2772

天候が良ければ富士山も見えるのでしょうね。

車椅子でも利用できる十分なスペースがとられています。

Dsc_2773

Dsc_2774

私はダイエット中だったので簡単なサラダとパンしか食べませんでしたが、まぐろのどんぶりをがっつり食べたいものですね。

そしてここはサービスエリアですが、ビルのような建物になっているので各階に多目的トイレ(身障者用トイレ)が設置されております。

Img_8956

Img_8957

Img_8958

Img_8959

未だにサービスエリア・パーキングエリアのトイレは汚いというイメージが払拭されていない中で、ここは室内のトイレですのでとてもきれいで安心です。

このサービスエリアは以前利用した時は、富士宮焼きそばを食べましたので、もしこの富士川楽座ではない方の建物を利用した場合は、焼きそばでもいかがですか?

さすがB級グルメの元祖ですから美味しいですよ。

ここから東京までは約2時間ですね。

Img_8960

★富士川サービスエリア上り(富士川楽座)

東名高速道路上りにあります。

ホームページ http://www.fujikawarakuza.co.jp/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 車椅子でも楽しめる伊豆半島バリアフリー旅(富士川楽座【富士川SA上り】)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP