車椅子でも動物に触れ合えるスポット 掛川花鳥園(静岡県掛川市)

2017.02.12 (日)

(旧ブログ 2015.5月 投稿内容)

東横イン掛川駅新幹線南口から向かうのは

掛川花鳥園

Dsc_0229

この掛川花鳥園までは東横インから車で5分位。

掛川駅からも東名高速掛川ICからも5分位の距離なのでとても近いんです。

これがとにかくビックリしました。

そのため、東名高速で名古屋方面に行く途中でぶらりと立ち寄ることが可能ですね。

大概、高速のIC付近にはあまり観光スポットがない中で、この掛川には駅も近いし、観光スポットも近いということからロケーション的にはとてもいいですね。

新幹線だとのぞみやひかりは掛川駅に止まらないので途中下車は難しいかもしれませんが、こだまを乗っていてぶらり途中下車の旅をするならおすすめだと思います。

私が訪れた時間は、平日の開店直後だっただけに駐車場はかなりガラガラでした。

身障者用駐車スペースは5台分ありました。

Img_6941

もし駐車スペースが満車であっても、駐車場が広いからどこでもとめられそうです。

Img_6942

Img_6944

話は変わりますが、駐車場の真向かいにあるお菓子屋さんがすごく大きいので気になりました。

「たこまん」と書いてありましたね。

Img_6943

今回は時間がなかったので、立ち寄れませんでしたが、気になりました。

話はもとに戻り、駐車場のすぐ近くに掛川花鳥園の入口がありました。

それではいざ入園します。

私は神戸花鳥園に行ってから花鳥園ファンになってしまいました。

神戸花鳥園・富士花鳥園を見てきて、今回は3つ目の花鳥園である「掛川花鳥園」

Dsc_0229_2

どの花鳥園も入口の門構えが変わらないですね。

入園するとフクロウなどの猛禽類がたくさんいました。

Dsc_0230 Dsc_0231

これもどこの花鳥園も似ています。

おりの中に入っていますが、人を見てもビクとも動かないんですよ。

にらめっこしている感じです。

掲示板にイベントスケジュールがありました。

Img_6950

やはりここに来たらバードショーが見たいものです。

時間に合わせて見学するといいですね。

身障者用トイレは園内入口付近にありました。

Img_7052 Img_7053_2

Img_7054 Img_7055

手摺などがなかなか見かけない形になっているのでちょっと戸惑うかもしれません。

慣れないとちょっと使いづらいかもしれませんね。

園内には貸出用の車椅子がたくさん用意されております。

Img_6953

園内の形は他の花鳥園と似ていますね。

通路があって両側には池があり、鳥が行き交う感じになっております。

Img_6956 Img_6954

通路をぬけると一気に天井から花が吊る下がっています。

Img_6957

これがどの花鳥園でもきれいですよね。

本当に見事!の一言です。

ダイナミックな感じです。

それでは園内の見学へ。

順路は猛禽類をはじめとした鳥たちから見ていくことになります。

但し、注意しなければならないのは園内のイベント時間です。

Img_6960

のんびりみていると園内のイベントが終わってしまうからです。

記念撮影やバードショーなどは花鳥園の面白さを一層感じるものです。

園内の順路で進んで行くと、猛禽類のフクロウなどが丸太の上にポツンと立っているではありませんか?

Img_6963 Img_6962

放し飼いにしているわけではなく、きちんとひもで結ばれているのですが、人がきてもほとんど動かないんです。

Img_6964 Img_6968

にらめっこをしても絶対に勝てないですよ。

顔を動かしたり、身体を掻いたりしていますが、ほとんどビクともしません。

でも私もじーっと見ているだけで心が癒されます。

次に進んで行くと、インコのスイレンプールがありました。

Img_6972 Img_6976

ここにはインコやオウムなどがいます。

Img_6974 Img_6975

インコにごはんをあげることもできます。(有料)

Img_6977

インコだけでなく、大型魚にもごはんをあげることもできます。(有料)

Img_6979

このスイレンプールは見事な大きさです。

Img_6978 Img_6982

写真の通り、段差もなく車椅子で動きやすくなっております。

Img_6983

ここにも珍しい木がありましたよ。

Img_6985

日本ではあまり見かけることのないものですね。

次のコーナーはエボシドリとヘラサギの広場です。

まず目の前にいたのが、カタリーナコンゴウインコのはるかちゃん。

Img_6988 Img_6990

ごきげんがいいとおしゃべりをしてくれるみたいです。

Img_6992

ところが、別の掲示には「ハルカちゃんはかむことがあります」

Img_6989

おっと危険かっ・・・

オリの中にいるから安全です。

次にむかったのはオオハシとトキの水辺です。

Img_6998 Img_6999

ここは鳥の放し飼いです。

Dsc_0240 Dsc_0241

直に見ることができるのが本当に素晴らしい!

Img_7001

ただ生き物が苦手な方はちょっときついかもしれませんね。

和田アキ子さんは多分嫌がるコーナーでしょうね。(笑)

あとは生き物がたくさんいるので、鳥にぶつからないか心配でした。

特に車椅子の後ろに鳥がいたりするので注意が必要です。

次に向かうのは屋外バードショー。

Img_7008_2

バードショーの時間は1日に3回ですので、時間については十分気にしていた方がいいですね。

気がついたらもう終わっていたというのは残念すぎます。
Img_7010_2

特にこの花鳥園ではバードショーが素晴らしい。

ぜひとも見たいイベントですね。

屋外バードショーに行く際、車椅子でも走行が可能です。

バードショーまでの距離もすぐ近くです。

雨が降ったらちょっと厳しいですが・・・

Img_7011_2 Img_7012_2

道路になっているので安心です。

さすがに旅行先にきてパンクは嫌ですからね・・・

ただ若干の石ころ等もあるので走行には注意してください。

車椅子でショーを見るスペースもあります。

Img_7017 Img_7018_2

バードショーはふくろうがとてもかわいかったですね。

お姉さんになついているんですね。

Img_7023_2 Img_7021

そしてふくろうは目の前に飛んできたりしますが、当たらないのが素晴らしい。

Img_7024_2 Img_7025_2

バードショーで面白かったのは、ヘビクイワシのキック君。

Img_7027

その名の通り、ヘビに強いんですよ。

ショーでヘビに戦ってくれるんですが、ヘビにみせかけたゴムにむかって戦うんです。

Img_7028

キック君は本気で頑張ってくれます。

Img_7030

さすがに毎回のショーでヘビを用意するのは大変ですから、ゴムなんですよ。

おかしいでしょ・・・

戦いがすんだらキック君の小屋へそのまま帰っていくんです。

Img_7032

今回は幼稚園の遠足のようで子供たちが多くいました。

Img_7035

今回のショーはものすごく喜んでいましたね。

大人でもものすごく楽しめます。

おすすめです。

屋外にはいろいろな動物にふれあうこともできます。

Img_7033 Img_7036

私たちが行った2月末はちょっと寒かったので、20~30分外にいたら身体が冷えてきました。

そのためここからはまた屋内での見学へ

Img_7013

屋内に入ってくると園内は天井から花が吊る下がっておりますし、周りにもきれいな花を飾っております。

Img_7038 Img_7039

手入れが大変だと思いますが、この花鳥園はどこに行ってもすごく手入れされていますね。

Img_7040

このきれいな花を演出するのは、スタッフの方々の頑張りなんでしょうね。

この花鳥園では食事バイキングなどもやっていました。

Img_7041

お花の販売もしておりますが、私が気にいったのはこのペンギンのぬいぐるみです。

Img_7056 Img_7042

こえまねペンちゃん

Img_7246

自分の言った声をそのまま真似をしてくれるんです。

自分の声の音と違うところがいいんです。

かわいい声で表現してくれます。

ものすごく気にいってしまいまして、購入しちゃいました。

Img_7247

これは今でも自宅で楽しんでおります。

子供の遊び道具のように思えますが、大人でもかなりハマります。

掛川花鳥園はまた行きたいスポットですね。

東京から3時間くらいなので1泊2日なら行けますし、また名古屋・京都・大阪旅行の合間に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

車椅子でも十分利用できるスポットですので、ぜひとも一度いらっしゃってみてください。

楽しめること間違いないです。

★掛川花鳥園

静岡県掛川市南西郷1517

電話 0537-62-6363

ホームページ  http://k-hana-tori.com/

東名高速道路掛川ICより約5分

JR掛川駅より車で約3分(徒歩15分)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 車椅子でも動物に触れ合えるスポット 掛川花鳥園(静岡県掛川市)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP