車椅子で水族館 鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)

2017.02.04 (土)

(旧ブログ2016.7月掲載内容)

千葉県鴨川市にある鴨川シーワルドに立ち寄ってみました。

Dsc_0969

鴨川シーワルドには以前にも立ち寄ったことがあり、ブログに掲載したことがあります。

ただ一部のショーだけを見て、それ以外のショーなどは見ることなく帰りました。

そのため、今回は一通り見て行きたいと思い、立ち寄りました。

まず冒頭に話しておきますが、車椅子利用者が1人で全部を回るのは難しいと思います。

ただ園内には係員の方々がおられますので、アシストをお願いすると快くフォローしてくださいました。

フォローがあれば問題ないと思います。

というのは、急勾配の坂が所々にあるんです。

Dsc_0999

一般の車椅子利用者でもちょっと難しいと思います。

たまに私なら行けますよ!という声もありますが、あくまで一般的な車椅子利用者が上ることを前提としております。

そのため、筋肉ムキムキの方や腹筋背筋の効く状態のいい方は除きます。

それではまず駐車場へ。

国道沿いに鴨川シーワールドはあります。

鴨川市内を走っていればすぐ分かります。

駐車場はかなり広大ですし、身障者用駐車スペースも数台分設置されております。

Dsc_0964

駐車場からシーワルド入口に行くまでの坂がちょっと勾配有です。

 歩行者用の方が勾配がきついので、車の通る道路側を通れば若干勾配は緩いですね。

ただ車が通ってくるので、走行は十分気を付けなければなりません。

Dsc_0966

画像の右側になります。(車の写真付近)

坂を上るとシーワルド入口です。

Dsc_0971

ここは段差や傾斜はありません。

Dsc_0970 Dsc_0972

園内に入ると緩やかな坂になっております。

海岸沿いにある施設ですが、若干傾斜があります。

Dsc_0984 Dsc_0978

シーワルドから見る海の景色はものすごくきれいです。

Dsc_0976 Dsc_0979

目の前が太平洋ですから素敵です。

今まで水族館好きでいろいろな水族館に行きました。

ショーなら鴨川シーワールドが全国で1・2番位の迫力ですね。

ショーにかなり力を注いでいるのは行けばよくわかります。

前回はイルカのショーだけを見ましたが、シャチのショー・アシカのショーは見ませんでした。

シャチのショー方面は急傾斜のこの画像の右にある道を進んでいかなければならないんです。

Dsc_0988

今回は親切な係員の方が車椅子を押してくれました。

そのためシャチのショーから先に行けたんです。

ちなみにシャチのショーのかなり手前にあるイルカのショーも急傾斜です。

Dsc_1042

残念ながら車椅子の自走はほとんど難しいと思います。

パラリンピックに出場する筋肉ムキムキの人ならクリアするかもしれませんが、一般の車椅子ユーザーではたぶん無理です。

できるだけまわりにいる係員の方を見つけてくださいね。

それではシャチのショーのあるゾーンへ。

係員の方にお願いして急な斜面を上りました。

ここにはエレベーターがあるんですよ。

Dsc_1031

バリアの先にバリアフリーとなっているスポットなんです。

できればこのバリアにエレベーターを付けることが出来なければ、距離を長くしてでも緩やかな斜面にしてほしいですね。

Dsc_0988

ただ費用がかかるから難しいのかもしれませんね。

係員の方が押してくれれば問題が解決しますから。

数年前に行ったときは係員の方がいなかったので、その点は工夫されたんだと思います。

エレベーターをおりるとシャチのオブジェが飾られていました。

とにかくデカいんですよ。

Dsc_0989

それでは、シャチのショーがある会場へ向かいます。

ただここにも急なスロープがありました。

Dsc_0999

ここは係員の方がいないので、ちょっと厳しいですね。

観戦場所までは急な下りで、ショーが終わったら急な上りになります。

Dsc_0995

シャチのショーを見るのは一番後ろになりますが、角度的にすごく良く見えますね。

車椅子用観覧スペースが設置されてあります。

Dsc_0998

伊豆にある水族館では車椅子用観覧スペースは一番前の水槽の手前であり、イルカがジャンプをしているところは見えないし、ジャンプをすると水が飛び出てきてびしょ濡れになるという最悪なスポットがありました。立地的に厳しいのかもしれませんが、ちょっといじめに近い気分をうけました。

この鴨川シーワルドはそういったところではなく、ショーは楽しく見れるスポットです。

Dsc_1006 Dsc_1010

Dsc_1015 Dsc_1012

内容もかなり面白いですね。

またアシカのパフォーマンスショーの観覧スペースは一番前もありますし、後ろにもあります。

Dsc_1023 Dsc_1027

私は後ろから見ました。

Dsc_1025 Dsc_1021

ちなみに一番前にある車椅子マークです。

Dsc_1019

でもおすすめは後ろだと思います。

よっぽど目が悪い人でなければ、同じ高さから見るより上から見た方が、全体がよくわかるような気がします。

エレベーターもあるので大丈夫です。

鴨川シーワルドはショーだけでなく、水槽の魚も数多くいます。

まずクラゲですね。

Kurage Lifeと書かれた水槽があります。

Dsc_1057

たくさんの種類のクラゲがいるのでかなり癒しになりますね。

Dsc_1050 Dsc_1049

Dsc_1048 Dsc_1051

その他にも鴨川沖などに生息する魚が水槽の中で泳いでいます。

Dsc_1062 Dsc_1063

どちらかというと派手な魚というより、地元のちょっと派手さはない魚が泳いでいます。

そのため独特の自然観を演出しております。

Dsc_1076 Dsc_1074

ここはすべて屋内になっておりますが、途中傾斜があったりするので十分走行には注意してください。

外ほど急傾斜ではないですが、傾斜がある状態です。

Dsc_1060

全体的に見て、スロープはあるけれど角度がちょっと急すぎるというのが多いのが難点ですね。

鴨川シーワールドは水族館で魚たちを見る楽しみだけでなく、海岸沿いなので海を楽しむことができるスポットです。

Dsc_0977_2

目の前が太平洋が広がっています。

Dsc_0979_2

こんなにも海がきれいなんです。

私が訪れた日は残念ながら天気があまりよくなかったので、もし快晴だったらもっときれいな海が見れたはずです。

そして南国の木がたくさん設置されていますので、南国ムードもバッチリあります。

Dsc_0973

最高のデートスポットです。

Dsc_0981

しかも実際に房総半島は関東地方の中でもかなり温暖な場所で、2~3℃は高くなっていると思います。

Dsc_1040

逆に夏の暑い時ならば水族館の水の涼しさも満喫できるのでとてもいいですよね。

Dsc_1044

鴨川シーワールドには館内及び入口前に多目的トイレ(身障者用トイレ)が設置されております。

Img_8286 Img_8287

Img_8288

残念なのは、館内に傾斜が多いことくらいですが、全体的には一部のところが急傾斜だけですので、係員の方を見つけてお願いすればクリアできると思います。

海岸沿いの道などはわずかながらの傾斜です。

道はきちんと舗装されているので車椅子走行でも問題ありません。

Dsc_0986

今回は以前来た時よりいろいろ楽しむことが出来ました。

お土産コーナーも充実しております。

Dsc_1041

そしてこのお土産コーナーではあのナボナも販売しておりました。

ナボナといえば世界の王貞治さんがCMしていた亀屋万年堂のナボナです。

Dsc_1077

しかも鴨川シーワールドオリジナルです。

さらにこの鴨川地域で有名なお菓子「鯛せんべい」もありました。

Dsc_1079

これは美味しいですよ。

この鴨川シーワールドまでは2時間くらいです。

ゆっくり癒しのために行くならおすすめのスポットです。

★鴨川シーワールド

千葉県鴨川市東町1464-18

電話 04-7093-4803

ホームページ http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

海ほたるPAより1時間・東京から2時間

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 車椅子で水族館 鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP