(入院2ヶ月後)まだリハビリが開始されない退屈な日々

2017.02.07 (火)

~(入院後2ヶ月)まだリハビリが開始されない退屈な日々~1996年9月1日に交通事故に遭い、入院生活が始まりました。背骨・肋骨が折れていたので、1日中ベッドに仰向けで寝ているだけの日々。せめて首だけを曲げて、テレビを見るくらい。そんな生活を送っていたことで、最悪な状態になりました。

褥瘡(床ずれ)が発生しました。お尻の部分に大きな穴ができるくらいの褥瘡でした。何日も同じ姿勢のままでいたことが原因でした。普通の方ならばもしベッド生活であっても、お尻が痛くなるので、若干体勢を変えたりして防ぐことが出来ますが、私の場合は下半身が麻痺していたので、お尻が痛くなるのを感じませんでした。

その他では全く筋力を使わない生活なので、握力が55キロくらいあったのが、19キロまで下がってしまったんです。お尻は褥瘡、筋力は大幅ダウン。11月からリハビリが開始されることになったのですが、褥瘡があるので無理は出来ない状態。その中で筋力アップに励んでいく様子を次のブログからお伝えしたいと思っております。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: (入院2ヶ月後)まだリハビリが開始されない退屈な日々

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP