車椅子で楽しめるテーマパーク 新横浜ラーメン博物館 ~横浜市港北区~

2017.02.17 (金)

(旧ブログ 2014.10月 投稿内容)

川崎大師から次に向かったのは、いつでも人気のテーマパーク

新横浜ラーメン博物館

Img_5683

この施設は15年くらい前に来たことがあるんです。

ところが身障者用駐車場が見当たらなくて、立ち寄らないまま帰った記憶があります。

いろんな情報から身障者用駐車場はありますということでしたので、ぜひとも行ってみたいと思っておりました。。

川崎から新横浜までは高速道路で約30分位でした。

新横浜駅周辺にありますが、いろいろなビル群の中にあるので一見分かりにくいかもしれません。

目の前にJRAのビルがありましたね。

Img_5681

立体駐車場になっているのは15年前と変わらず。

Img_5682

大丈夫なのかな・・・?って不安になりながら入庫することにしました。

上に上がっていくと身障者用駐車スペースが1台分ありました。

Img_5685

ただ混んでいた場合はこの1台が埋まっていたとするともう止められる場所はありませんね。

その場合は、新横浜にある近隣の駐車場を探すしかないと思います。

新横浜ラーメン博物館の立体駐車場からは目の前にあるエレベーターで降りていきます。

Img_5686

かなり狭いので注意してください。

車椅子で通るとかなりギリギリです。

Img_5684

駐車場から一旦外に出ます。このスロープの上を通ります。

ここは歩道なので注意して出てください。

Img_5646

外にでてからすぐ脇にある博物館に入ります。

Img_5682_2

博物館の中に入るとこのようなエントランスになっております。

館内に入っているお店の紹介をしております。

ここでどこの店に入りたいな・・・って考えますね。

ワクワクしてきます。

Img_5647 Img_5649

立体駐車場のある建物なので、博物館の見学コースは地下にあるんですよね。

館内にあるエレベーターで下に降りていきます。

Img_5679

1つ下におりるとこのような昭和の街並みが出てきます。

通路は狭いですが、車椅子で通行はできます。

段差もありません。

Img_5652

雰囲気は抜群です。

あえて汚く見せる建物や壁がなんともいえない位、渋さを醸し出しています。

あくまでも汚いわけではありませんよ。

Img_5653 Img_5656

ラーメン店はこの1つ下のフロアと2つ下のフロアにあります。

多くのお店は地下2階にありますが、地下1階にも数店が軒を連ねています。

この独特な雰囲気なのでラーメンが美味しく感じてきますね。

先日お亡くなりになったラーメンの達人佐野実さんの「支那そば屋」もありましたよ。

Img_5654

中に入ることはできないんですが、銭湯をイメージしたものもありました。

Img_5655

本当に昭和の雰囲気が出ています。

Img_5657

今じゃこんなテレビを使っていないですからね。

それでは1つ下の階に行きます。

さらに下の階に降りるとビックリしますよ。

Img_5665 Img_5666

あの汚い地下鉄の窓口がありますよ。

地下鉄運賃表と書かれた看板は古ぼけている状態です。

Img_5669

本当に当時を思い出させてくれます。

20年前の都営地下鉄の浅草駅はこんな感じでしたよ。

本当に汚かった駅です。

掃除しているの?って感じでした。

だからといってもここは汚く見せているだけで、汚いわけではないんです。

そしてこの便所入口も汚く再現していましたね。

Img_5664 Img_5668

まさしく昭和を再現していましたよ。

凄すぎます。

ちなみに中の便所はきれいだったようです。

残念ながら身障者用トイレはこの新横浜ラーメン博物館で見つけることができませんでした。

もし館内で見つけた人がいたら教えてください。

この一番下のフロアは吹き抜けになっており、映画のセットのようでした。

昭和の日活映画に出てきそうな感じです。

Dsc_045621

うまく作られているな・・・って思うほどビックリします。

ラーメンを食べることよりもこの雰囲気に感動できるでしょう。

Dsc_045721 Dsc_04582

昭和の時代ってこんな感じだったよね。って言い合うスポットになるにちがいありません。

このフロアには10店舗近くのお店が軒を連ねています。

Img_5661 Img_5659

どのお店に入ろうかとても悩みますね。

先日ご紹介した1つ上のフロアもラーメン屋があります。

少ないラーメンを注文して2軒ハシゴするのもいいでしょうね。

私たちは、つけ麺のお店に入りました。

Img_5660

車椅子で入るにはちょっと狭い店内ですが、お店の方が案内してくださいました。

ひさびさのつけ麺でしたが、美味しかったですよ。

Dsc_04591

満足しました・・・

ただ1軒だけで腹いっぱいになってしまったのです。

新横浜ラーメンの1階に戻ってくると、全国各地のラーメンの紹介していました。

Img_5674

こんなにご当地ラーメンってあることにビックリします。

Img_5675 Img_5676

メジャーなところは、札幌・博多・尾道・東京など

Img_5677

でもいろいろあるんですよね。

私はラーメン通ではないからピンとこなかったのかもしれませんが、ラーメンに詳しい方は多分分かるかもしれません。

その他、ラーメンのどんぶりをはじめとしてラーメングッズとか即席めんなどが販売されておりました。

Img_5671 Img_5672

お土産はここでいろいろ買えますね。

ラーメン好きなら一度来てみたいスポットですね。

昭和の街並みなどを見る目的でも十分楽しめます。

私は見つけることができなかった身障者用トイレですが、ホームページでは「多目的トイレ」があるようにかかれています。

係員の方に聞いてくださいとなっております。

館内はかなり狭いので動きにくい部分もありますが、なんとか狭いながらも車椅子で自走できました。

ぜひとも面白いスポットですので一度立ち寄ってみてはいかがですか?

★新横浜ラーメン博物館

横浜市港北区新横浜2-14-21

電話 045-471-0503

ホームページ http://www.raumen.co.jp/

JR新横浜駅より徒歩5分圏内です。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 車椅子で楽しめるテーマパーク 新横浜ラーメン博物館 ~横浜市港北区~

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP