車椅子の浜松観光にはおススメ うなぎパイファクトリー(静岡県浜松市)

2017.02.13 (月)

(旧ブログ 2015.5月 投稿内容)

エアパーク(航空自衛隊浜松広報館)の次に訪れたのは、浜松で有名なお菓子の工場です。

うなぎパイファクトリー

Dsc_0280

浜松といえば「うなぎ」が有名。

以前、浜松に訪れた時は、浜松の名店「あつみ」でうな重を食べました。

車椅子でも入店しやすいように、あつみの女将さんが木のスロープをご用意してくれました。

さすがにあつみのうな重は、本当に美味しかったですね。

ただこの浜松はうなぎや餃子が有名なだけじゃないんです。

うなぎが有名な上に、うなぎのエキスを利用したうなぎパイも有名なんですよ。

浜松のお土産といったら、定番はうなぎパイ。

そのうなぎパイは春華堂。

Img_7142

春華堂がうなぎパイの工場を一般開放しているんです。

ものすごく混んでいましたね。

観光の名所になっているようで、観光客がたくさんおりました。

それではいざ工場へ。

うなぎパイファクトリーは車椅子で利用できるスポットです。

工場入口のすぐ近くに身障者用駐車場がありました。

身障者用駐車スペースは2台分です。

Img_7132

交通警備の方がいらっしゃるので、到着時に身障者であることをお伝えすると案内してくれました。

工場入口はスロープがあるので車椅子でもOKです。

Img_7130

スロープの隣りには大きなトラックがとまっていました。

Dsc_0281

うなぎパイの宣伝カーなのでしょうか?

このようなトラックが街中で走っていたら驚きますね。

手前にもうなぎパイのキャラクターらしき人形がありましたよ。

Dsc_0279

さすがに浜松の銘菓ですので、キャラクターがいても当然ですね。

ちなみに名前は「うなくん」だそうです。

あまりにもベタすぎる名前なので、もっとかっこいい名前はなかったのだろうか?

プロフィールはホームページに書かれておりました。

趣味は、うなぎのじゅもん体操を踊ること

性格は、いたずら好き

口癖は、うなぎパイは「手作り」がいのち!

相棒は、うな左えもん

だそうです。

それではスロープを上がって工場の中に入っていきます。

Img_7129 Img_7131

うなぎパイファクトリーの中に入ってきました。

受付には、きれいなコンパニオンのような方がいらっしゃいます。

まずはそこで署名しなければなりません。

見学は事前予約なしで入れます。

料金は無料です。

無料なんですが、工場見学記念にうなぎパイのハーフサイズが1パックもらえます。

Dsc_0273

かなりの太っ腹です。

本当にありがとうございます。

入口には車椅子の貸し出しも行っております。

Img_7133

館内は1階がお土産販売コーナーで、2階が見学する場所になっております。

まずは奥にあるエレベーターで2階に上がりますが、そこに行くまでにいろいろとうなぎパイの紹介をしております。

Img_7135

ちょうど窓ガラス越しに働いている方々がいます。

Img_7136

そこでは、うなぎパイが機械で焼かれている状態を見ることができます。

Img_7137

エレベーターで2階に上がると、窓ガラス越しに工場全体を見ることが出来ます。

Dsc_0266

もちろん、ベルトコンベアーで流れていきますが、意外と工場の割には働いている方が少ないような気がしました。

Dsc_0269

また工場はもっと広いと思っていましたが、思ったより広くないんです。

やはりパイ菓子を作るのは、ほとんどオートメーション化になっていて、コンパクトの形で出来るようになっているんですね。

いろんな角度から見ることができますよ。

Dsc_0267 Dsc_0268

2階には春華堂のあゆみなどが展示されておりました。

Dsc_0270

浜松といったらうなぎパイといわれる存在になるまでは、いろいろな道のりがあったんでしょうね。

いまではまぎれもない浜松一のブランドになっています。

パイ菓子では全国で一番美味しいのではないかと思っております。

Img_7139

2階の喫茶コーナーでちょっと休憩することにしました。

Img_7144

昼ごはんを食べていなかったので、うな丼があればと思っていましたが、スイーツしか販売されておりませんでした。

うな丼は数量限定の30食のようです。

ちょっと残念でした。

もうちょっと数量を増やしていただくと嬉しいですね。

ただそのスイーツが珍しいんです。

「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」

Img_7143

美味しそうじゃありませんか?

しかも浜松のうなぎパイファクトリーでしか味わえないんです。

先日は、期間限定のカフェが表参道でやっていたようですが、通常ではやはり浜松じゃないと食べられないんですから貴重です。

食べたら本当に美味しかったです。

Dsc_0272

高級のスイーツを食べているようでした。

これは一度食べてみてください。

感激するはずです。

うなぎパイファクトリーの工場見学の後にはお土産の購入へ。

Img_7146

直売所なので観光客がたくさん訪れております。

その理由は、高速道路のサービスエリアなどに比べて、お値打ちだからなんです。

やはりここに来たらお値打ちのうなぎパイを購入した方がいいですね。

うなぎパイはいくつかの種類がありますが、

Img_7142

お土産にあげるなら通常のうなぎパイ

ちょっとアレンジしたかったらナッツ入りのうなぎパイ

自分に買うならうなぎパイVSOP

私はうなぎパイVSOPが好きなんです。

なんか高いだけあってブランデーの香りが匂ってきます。

お土産もいっぱい買いましたし、今回は、うなぎパイのスイーツも食べれましたので大変満足できました。

★うなぎパイファクトリー

静岡県浜松市西区大久保町748-51

電話 053-482-1765

ホームページ http://www.unagipai-factory.jp/

★春華堂

ホームページ http://www.shunkado.co.jp/

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 車椅子の浜松観光にはおススメ うなぎパイファクトリー(静岡県浜松市)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP