車椅子利用のお客さまに対する駐車スペース対応ノウハウ

2018.12.07 (金)

あなたのお店の『バリア解消』請負人

バリアフリースタイル代表の白倉栄一です。

 

もしあなたのお店に突然

車椅子を利用されるお客さまが

クルマでいらっしゃいました。

 

あなたのお店には

一般の駐車スペースが数台あるものの、

身障者用駐車スペースの設置がありません。

 

もしくは身障者用駐車スペースには

すでに車椅子利用のお客さまがとめています。

 

このときにあなたはどのように行動しますか?

 

すぐに判断できるかどうかが求められます。

とっさに判断ができるかどうかがポイント

「せっかくお越しいただいたのですが、

うちの店舗には身障者用駐車スペースがないので、

とめることができません」

となるのが月並みな回答ではないでしょうか?

 

確かに満車であった場合は、

難しいのかもしれません。

 

もし満車でなかったら、

対応できる方法はあります。

 

いかにこういった場面で

すぐに思いついて対応できるかが

普段からの従業員による

モチベーションの高さです。

 

一般の駐車スペース(角地など)を

利用しているお客さまにご協力をお願いし、

別の駐車スペースに移っていただいて、

車椅子の乗り降りできるスペース

(約1m空けられるスペース)を

確保する方法があります。

 

但し、状況によっては、

店内にいらっしゃるお客さまに

クルマのご移動をお願いするのが

難しい場合もあるでしょう。

 

そういった際に、お客さまにお願いしなくても

できる方法は、

一般用の駐車スペースを2台分を

用意するのはいかがでしょうか?

 

身障者用駐車スペースについてご説明しますと、

一般の駐車スペース2.5ⅿに、

乗り降りするスペース1mをプラスして

3.5mとなっているのが専用スペースです。

 

そのために一般用の駐車スペース2.5m×2台分の

合計5m分があれば、

十分なほど利用可能になります。

 

別にゼブラゾーンの有無は、全く関係ありません。

 

つまり車椅子利用のお客さまの

駐車が可能になります。

 

但し、気を付けておきたいのが、

通常2台分の駐車スペースを使うことがないために

利用している一般のお客さまから

指摘をされる場合もあるでしょう。

 

その場合は、指摘をされたお客さまに

きちんとその旨をお伝えして

ご理解いただけばいいと思います。

バリアフリーは情報の収集が重要なポイント

その他では、

近隣に専用の駐車スペースの有無を

あらかじめ調べておくことも

一つの方法です。

 

満車のためにどうにもならない場合も

当然のごとく、起こりうるからです。

 

そこで打つ手はないのか?

 

「お店から近くにある〇〇駐車場に

身障者用駐車スペースがあります」

と答えることができたらどうでしょう。

 

質問されたお客さまは

あなたのお店の情報の多さに驚かれるはずです。

 

また身障者用駐車スペースがなくても、

車椅子でも乗り降りできる

近隣の駐車スペースについても

調べておいたほうがいいでしょう。

 

せっかくお越しいただいたお客さまを

逃してしまうのは、

障害の有無に関わらずもったいないことです。

 

できるだけ何とか対応したいものです。

 

そういった場面において

どのように対応できるかどうかが

お店の評価につながるでしょう。

 

それが集客による売上アップになり

人に優しいお店である証ではないでしょうか?

 

———————————————-

この度、新ホームぺージを作りました。

無料ダウンロードをご用意しました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

★PDFのダウンロードは

下記をクリックしてください。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

真のバリアフリー77リスト

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 車椅子利用のお客さまに対する駐車スペース対応ノウハウ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP