心のバリアフリーがお店のイメージを変えるきっかけになる

2018.11.24 (土)

あなたのお店の『バリア解消』請負人

バリアフリースタイル代表の白倉栄一です。

 

お店がバリアフリーではないから、

車椅子利用のお客さまなどは対象外と

思っていらっしゃる経営者の皆さまは

いらっしゃいませんか?

 

確かにバリアフリー化にすることで

車椅子利用者でも

気軽に行ける環境になるでしょう。

 

でも販売する商品によっては、

設備のバリアフリーになっていなくても、

心のバリアフリーで

対応できることもあるんです。

 

そうなればお店にとって、

お客さまが増えて売上アップにつながり、

人に優しいお店だと

思ってもらえるようになるでしょう。

 

でもいったいどうやって

設備がバリアフリーではないのに

どうやって対応すればいいのか

悩みますよね。

 

そこは工夫を重ねることで

ニーズに応えることができるんです。

バリアがあるとその場で諦めてしまいがち

実際に車椅子利用をしていると

感じることなのですが、

あの店を利用したいと思って

現地に行ってみたら、

「バリアフリーではないから…」と思って

すぐに諦めてしまうこともあります。

 

そこでお店に連絡して、

「お店の前に来たのですが、

私は車椅子ユーザーなので、

段差があって中に入ることができません。

外まで出て来ていただいてもいいですか?」

と伝えることは可能かもしれません。

 

でも初めてのお店にお願いするのは、

意外とドキドキしてしまい、

「そこまでするならあきらめよう」

となってしまうことが

多いように思えます。

 

どうしてそのように思ってしまうのか?

 

もしかしたら「断られるのでは?」

という不安があるからです。

 

なぜなら車椅子ユーザーの中には、

お願いをして断られた経験を

お持ちの方も結構いると聞いています。

 

協力してくれる人ばかりではないと思えば、

お願いするのも気が引けてしまうでしょう。

WELCOMEなムードがお店のイメージを変える

 

ではどうしたらいいのか?

 

お店側は入店できない人のために、

「ご連絡いただければすぐに参ります」など

ホームぺージや店頭に掲載しておくだけで、

お客さま側にとっては

お願いしやすくなるのではないでしょうか?

 

もちろん掲載してなくても

「うちのお店はいつでもWELCOMEですよ」

と思っていらっしゃいませんか?

 

でも言葉にして伝えないと

お客さまには残念ながら伝わりにくいと思います。

 

なぜなら断るお店がある限り、

あなたのお店はWELCOMEだとは

気づいてもらえないと思います。

 

だからこそ意思を伝えることが

重要なポイントになります。

 

まさにそれが心のバリアフリーであり、

お店側にとっては、

売上が上がるだけではなく、

人に優しいお店だと

思われるにちがいありません。

 

特にテイクアウトでも提供している

お店であれば、階段の下まで

持っていけるようなサービスが

知れ渡れば、利用されるお客さまにとっては

大きなバリア解消になります。

 

こういったかゆいところに

手が届くようなサービスがあれば、

利用したいと思っている方々は

朗報になります。

 

そしてこのようなサービスがあるかどうかだけで

お店の雰囲気までお客さまに知ってもらえるのは

必ず大きなプラスになるはずです。

 

超高齢化社会になって

車椅子を利用されている方々が増えていく中で、

ちょっとしたお客さま目線を

取り入れるだけで変わることを

ぜひとも知っていただければ幸いです。

 

———————————————-

この度、新ホームぺージを作りました。

無料ダウンロードをご用意しました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

★PDFのダウンロードは

下記をクリックしてください。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

真のバリアフリー77リスト

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 心のバリアフリーがお店のイメージを変えるきっかけになる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP