意外に知られていない車椅子がクリアできる段差の高さとは?

2018.08.02 (木)

あなたのお店の『バリア解消』請負人 バリアフリースタイル代表の白倉です。お店でのアクシデントはいつどこで起こるか分かりません。それによってけがをされるお客さまがいることも確かです。なるべく安全・安心できるお店を目指すためには、どういった点に気をつけたほうがいいかをご説明します。

たった1段の段差は車椅子でクリアできるか?

車椅子は自走式・介助式があったり、電動・手動であったりしますが、意外と安全な構造ではあるものの、ちょっとした段差があったりすると前方に身体が飛ばされてしまうこともあり危険な一面があります。そのためにお店の中で、できるだけ段差解消をしたり、周囲のスペースには余裕があることが必要となります。

 

車椅子で階段を上ることは難しいのは誰がみても分かることだと思いますが、たった1段の段差があったら上れると思いますか?「1段くらいなら簡単では?」「1段でも車椅子で上るのは難しいのでは?」といろいろなイメージをするでしょう。

 

実際に車椅子をそのまま漕いでクリアできるのは、1cm程度です。もちろん車椅子の前輪の大きさにもよりますが、一般的には1cm程度ですから驚くことでしょう。というのも1cm以上の段差は世の中の至るところで見かけますよね。そのため通常に走行していたら、1cm以上の段差があったら乗り越えられないことになります。

 

しかもその場で車椅子がストップするとだけでなく、その反動で身体だけが前へ投げ出されてしまうのです。自動車メーカーの衝突実験のように、シートベルトをしていなかったら前面にあるガラスに頭から衝突するCMなどをご覧になっていると思いますが、車椅子に乗っている方も同様になります。車椅子の走行スピードが速ければ速いほど、身体は前へ投げ出されやすくなるでしょう。

わずかな段差は足腰の弱い高齢者にも影響する

しかもこれは車椅子利用者だけに限ったことではなく、高齢者で足元がふらつき気味の方などにも影響を及ぼします。車椅子利用者同様に足のつまずきによって、前面に身体が投げ出されてしまうのです。それが大きなけがとなり、人によっては一生寝たきり生活にもなってしまうことがあります。それだけにお店の段差解消というのは、大きなテーマとなるでしょう。

 

そのためお店として注意したいのは、なるべく1cmを超える中途半端な段差については、なるべく解消してあることが必要です。大きな段差であれば、見た目で判断がつくものの、2cm程度であったら、意外と気がつかないままアクシデントが発生することもよくあります。

 

私も先日ある駐車場で一見クリアできそうな段差でしたが、前輪がぶつかって乗り越えられないまま、身体だケガ前へ投げ出されました。なんとか必死に食い止めたことで、車椅子から落ちることはありませんでしたが、命拾いをしました。

 

さらにお店としては、もし段差の解消ができないとすれば、その周辺に物を置かないことです。前方へ倒れる可能性がありますので、そこで何か大きなものがあれば、余計にけがをすることも考えられます。そうならないように十分周囲の物には注意を図っていただいたほうがいいと思います。

 

安全・安心のあるお店であることが、車椅子利用者を安心させる大きなテーマになります。これから増え続ける高齢の皆さまにも、店内事故の発生させないお店づくりが求められるのではないでしょうか?

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 意外に知られていない車椅子がクリアできる段差の高さとは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP