プロフィール

【プロフィール】

1972年千葉県船橋市生まれ。育ちは茨城県稲敷郡美浦村。父親が競走馬に携わるJRAのきゅう務員だったこともあり、美浦トレーニングセンターで学生時代を過ごす。

社会人として総合スーパーのイオンリテール株式会社(旧 ジャスコ株式会社)に入社するも、24歳の時、交通事故に遭い脊髄を損傷する。一度傷ついた脊髄は回復することがないため、一生車椅子生活になるという宣告を受ける。その後、落ち込んだ気持ちを立て直し、自分の障がいと向き合いながら厳しいリハビリテーションを乗り切る。

社会復帰後は、車椅子ユーザーというハンディキャップの立場でありながらも、職場の環境改善のために、仕事の効率化・仕事の進め方・チームビルディングなど果敢に挑戦する日々を過ごす。38歳の時、念願だった課長職に任命され、人事総務課長として人事・採用・総務・経費管理・教育・クレームなどにおける店舗責任者となる。

競争が激しい店舗環境において、経費のコントロールにはかなり苦戦をするも、管理職としての任務を果たす。全国の店舗が対象である「お客さま満足度調査」においては、2013年度下期に449店舗中全国1位に輝いた実績もある。「ES(従業員満足)なくしてCS(お客さま満足)はなし」という考えを貫き、店舗における従業員のチームビルディングを継続してきた成果でもある。

仕事の傍ら、車椅子ユーザーとして2005年から世の中のバリアフリー調査を開始。  バリアフリー調査を開始したきっかけは、車椅子生活となって初めて利用したホテルでの出来事によるもの。バリアフリールームがあるということで予約したもののトイレも風呂にも入れない広いだけの部屋で、フロントにその旨を申し出たところ「我慢してください」と厳しい一言を受ける。こういったことを解消していくためにも、車椅子ユーザー自身がきちんとした正しい情報を発信しなければならないと思い、バリアフリーの調査に着手する。その後10年以上続けて、自ら足を運んで調査したバリアフリースポットは延べ1000件以上にものぼる。201612月には念願だった日本1周の調査を果たし、車椅子でも行ける旅をブログにて紹介している。

現在は、21年間勤めたイオンリテール株式会社を退職し、「車椅子ライフデザイナー」という肩書で、車椅子でも利用できる環境を創っていくための活動を開始。長年のバリアフリー調査の実績と店舗における接客応対の経験を活かしながら、車椅子利用者の目線を取り入れた店舗や職場のバリアフリー化を推進している。