設備のバリア解消

 

超高齢化時代にあわせて

多くの車椅子利用のお客さまに

お越しいただくためには、

どうしても欠かせないのが、

「設備の充実・運用における満足」

 

特に重要なことは、

施設の4大ポイントが

バリア解消に欠かせません。

 

 

路面店ではバリアフリーのお店が少ないからチャンス

 

でも残念ながら実際に車椅子で行けるところは

ショッピングモールなどの商業施設など

限られた場所しかありません。

 

もしあなたのお店が

設備のバリア解消に向けて取り組んでいたら

地域で唯一の、地域に珍しい

車椅子でも利用できるお店だと

思われるにちがいありません。

 

車椅子を利用されているお客さまが

たくさん集まって、

売上が上がり、

さらに社会貢献にもつながるんです。

 

それって嬉しくないですか?

でも何から手をつければいいのって

思いますよね。

 

そこで

施設4大ポイントの中で、

特に重要なのが

「トイレ設備の充実」から始まります。

 

 

なぜトイレがバリアフリーへの第一歩なのか?

 

 

人は2~3時間に1度はトイレに行きます。

そうなると自宅を出発してあなたのお店に

お越しいただいたとします。

 

その時点である程度の時間が

経過しています。

 

あなたのお店で滞在する時間の他に

自宅まで帰る時間を

考えなければならないのです。

 

そうなったら中間地点である

もしあなたのお店にあれば

車椅子でも利用できるトイレがあったら

ゆっくり安心できるでしょう。

 

実は『バリア解消』の第一歩は

「トイレ設備の充実」から始まります。

 

 

そこで私がこれまでの経験と知恵と知識を

すべて詰め込んだ

「知っておきたい

車椅子利用のトイレノウハウ」

という小冊子を作成しました。

 

お店の売上も評判も上げたい人は、

ぜひ一度ご覧になってください。

 

下記にて無料でダウンロードできます。

もしよろしかったらどうぞ。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

設備がバリアフリーになったらやるべきこと

 

バリアフリーなお店になったところで

肝心な車椅子を利用している方々に

知ってもらわなければ

宝の持ち腐れです。

 

そのために必要なことは

「情報の見える化」

 

 

情報の見える化をすることで

お客さまにどのような点が

バリアフリーなのかを

知っていただけるでしょう。

 

そして設備をバリアフリー化して

情報も見える化にしたら

次に行うことは

ソフト面の強化です。

 

具体的に言いますと

お客さまに喜んでいただくための

接客・応対のノウハウを

身に着けることです。

 

続きは下記をクリックしてください。

 

心のバリア解消

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP