車椅子バリアフリー店舗・職場環境セミナー

現在は、10年前には考えられなかった大勢の外国人観光客の方々がいらっしゃっている世の中です。そして2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるとさらに多くの方々で賑わうことは間違いありません。そうなることで日本における世の中のバリアフリー化が求められております。

 

国内外問わず、健常者ばかりでなく、車椅子利用者が増えている現在において、バリアフリー化の導入をすることで今まで利用されなかったお客さまの来店につながることでしょう。そしてご本人だけでなく、家族・友人・同僚など車椅子利用をされている方と楽しめるスポットを探しています。

 

そこでバリアフリー化が進んでいるお店こそが「選ばれる」ようになります。現在ではショッピングモールのような施設などにおいてはバリアフリー化が進んでいるものの、路面店などにおいてはまだまだバリアフリー化が進んでいるとはいえません。主に多目的トイレの設置・身障者用駐車スペースの設置・段差のないフラットな状態を必要としています。

 

今後は世の中の動きとともに、早い段階で設備面のバリアフリーにすることが望まれます。さらに設備面だけでなく、車椅子利用者に対する接客応対のノウハウも必要となってくるでしょう。残念ながらいくら設備面が整っていても、車椅子利用者の嫌がるような行為をしては全く意味がありません。

 

そこで私自身が車椅子ユーザーとして総合スーパーの管理職で培ったノウハウを提供していきます。店舗においては、どのようにしたら車椅子利用者における接客応対ができるのかポイントを交えて解説いたします。また職場においては、車椅子利用者に対する働きやすい職場環境について解説いたします。

 

下記のような方々におすすめです。

まずはベーシックセミナーに参加していただき、車椅子利用者の知識を知っていただいた上での参加をお願いします。

 

●店舗の運営における導入
・車椅子のお客さまが利用できるようなバリアフリーな環境(ハード面)を考えている
・車椅子のお客さまに喜ばれるこころのバリアフリー(ソフト面)を考えている
・人に優しい店舗にしていくことを考えている
・今後の東京オリンピック・パラリンピックに向けてバリアフリー化を考えている など

 

●職場環境における導入
・法定の障害雇用率2.0%に到達していないので車椅子ユーザーの採用を考えている
・車椅子ユーザーの採用を検討をしているものの、どうしたらいいのか踏み出せないでいる
・現在車椅子ユーザーの雇用を行っていて、今後の働きやすい職場環境を創っていきたいと考えている
・車椅子ユーザーの雇用を活かして、さらにステップアップできる仕組みを考えている など

 

このベーシックセミナーを受講することで、バリアフリー化を導入することが店舗における集客アップや職場における車椅子ユーザーを取り巻く働きやすい環境につながります。

お手数ですが、下記ご記入の上送信ボタンを押してください。
折り返し詳細のご案内を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日* ※お申込み時に、ezwebやdocomoのアドレスで受信拒否設定などがあると、当方からメールが届かない場合があります。また、yahooやgmailをご利用の場合には、迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がありますので必ずご確認ください。
当日期待することがあればお書きください。(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP