富弘美術館②

2007.04.20 (金)

ブログランキングいつもありがとうございます。(クリックお願いします)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

富弘美術館の周りは本当に壮大な景色です・・・

ずっとこの風景を見つめてしまいました。

047 074 086

中にはいると、星野富弘さんの生い立ちから現在に至るまでの作品をご紹介していました。

星野さんが病院のベットの上で母親の看病を受けている写真は、自分が入院していたときにお袋が看病してくれていたことを思い出し涙がでてきましたね・・・

私も病院の中で毎日のリハビリをイラストで描いていて、その時のイラストを今でも大事に保管しています。当時は、病院の先生による往診時にはそのイラストを見ていただいたものです。決して誇れるくらいの上手なものではありませんが・・・

星野さんの絵をずっと見ているとほんとうに和やかになります。

112 パンフに載っていた星野さんの絵です。

きれいな花と素朴な言葉にジーンと来てしまいました。

口で筆をくわえてなんでこんなにすばらしい絵ができるのか・・・

本当に感動です!

いやあ何度でも訪れたいところですね。

090 084

現在、自分がまだ未熟である存在だけに、この富弘美術館にきてすごく力を与えてもらった感じです。

成せば成る・・・そう思いました。

どんなにつらいことがあってもあきらめないことを心に誓います。

つづく・・・

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログランキングいつもありがとうございます。(クリックお願いします)

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 富弘美術館②

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP