カレッタ汐留①

2006.01.22 (日)

Ca320016

「汐留」といえば貨物電車の停車場という場所のイメージが強かったので、私が10年前に東京に住んでいた頃は、 「汐留に行こう!」なんて言うことがありませんでした。もちろん、お台場だってありませんでしたね。お台場地区には「船の科学館」だけがあったように思えますが・・・。

今の「汐留」超高層ビル群が立ち並ぶ場所。

電通本社ビル・松下電工ビル・日テレタワーなど・・・。

でもどうやって汐留に行くの?

というのが私の一番の疑問でした。今回私たちが行った方法は、首都高速都心環状線の「汐留IC」で降りました。ただ、このICで下車しても駐車場がどこか迷ってしまいました。探した結果、汐留シオサイト駐車場 がありましたので一旦地下にもぐりました。

地下にもぐると自分の行きたい場所を探します。というのは、駐車場が各タワーによって別れているからです。

①汐留・浜離宮サイドプロジェクト

②汐留住友ビル

③汐留メディアタワーなど

④日本テレビタワーなど

⑤汐留シティセンター・松下電工ビルなど

⑥カレッタ汐留・電通本社ビルなど

地下では周回路になっており、目的の場所(今回は⑥)が出てきたらそこから左折して入庫します。

身障者用駐車場(⑥カレッタ汐留など)には3台分ありました。

Ca320001 写真には2台分しか写ってませんがもう1台分有

次回のブログでは「カレッタ汐留」の中をご紹介します。

いつも見てくださって本当にありがとうございます。

 人気blogランキング クリックお願いします。(人気ブログランキング)

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: カレッタ汐留①

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP