巨大な博物館はバリアフリーで1日楽しめます! 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)

2017.02.14 (火)

(旧ブログ 2015.4月 投稿内容)

高校に通っていた時に訪れたスポットへ25年ぶりに出没してみました。

国立歴史民俗博物館

Dsc_0061

千葉県佐倉市にあるこの博物館はとにかく大きいし、内容についてはすごく勉強になります。

残念ながら、高校時代に訪れた記憶は全くなく、学生の時は歴史といえば、受験だけに興味があっただけで、それ以外については全く興味がなかったんです。

ところが25年経過して訪れてみると、とにかくワクワクするくらい日本の歴史を知ることが出来るんですよ。

不思議ですよね。

多分、日本人だったら見てワクワクするのは間違いないですね。

但し、巨大すぎるので見学するための時間をきちんと確保していないとあっという間に閉館になってしまいます。

私は15時に入ったんですが、閉館の17時までになんとか見終えたものの、近代のコーナーはかなり中途半端でした。

急いで見学しましたからね。

やはり3時間は必要でしょうね。

バリアフリーになっている場所ですから車椅子でも楽しめます。

千葉県佐倉市。

あのミスター(長嶋終身名誉監督)が通った高校もある場所。

さすがにミスターが佐倉高校に通っていたことと博物館とは全く関係がありませんが・・・。

千葉県の成田よりちょっと手前にある場所ですね。

東京からは車で1時間ちょっとでしょう。

身障者用駐車スペースは数台ありました。

Img_6183

以前、土日に来たことがありましたが、あまりに混んでいて立ち寄らなかったことがありますので平日がおすすめです。

駐車場から博物館まではちょっと距離があります。

Img_6182

車椅子で5分位走行しますが、行きは上りがあります。

Img_6180

緩やかな坂道ですが、ちょっと距離が長いです。

ちょっと疲れますね。

坂の上からみたときはこんな感じです。

Img_6178

駐車場から博物館までに段差はありません。

博物館に入るとまずは縄文時代からスタートです。

縄文・弥生の順で進んでいきますので、途中の時代から見学するのはちょっと難しいですね。

気長に1つ1つ視察してみてください。

博物館は縄文時代から徐々に進んで行きます。

Img_6105_2 Img_6106

昔の懐かしい教科書に載ってあった写真がよみがえってきますね。

縄文から弥生・古墳・奈良・平安・鎌倉・室町・・・

Img_6107_2 Img_6109_2

見学時間は2時間弱を予定していたのですが足りなかったんですよ。

もちろん、歴史に全く興味のない方(まあこの場に来ないかもしれませんが・・・)ならもっと早く見学が終わるのかもしれません。

ただあまり歴史に興味がなくても、結構いろいろなものに吸い込まれるようになります。

例えば、奈良時代の食べ物などはどんなものを食べていたのか?

Img_6108

普段は気にしないものでも、ここに来ると興味がわいてくるんですよ。

不思議です。

館内は段差がないので本当に安心です。

Img_6116

縄文時代のコーナーは一番上の階にいるので、その後は緩やかなスロープで下っていきます。

Img_6112 Img_6113

本当に興味がわくものがたくさんありましたよ。

Img_6119

すごい膨大な展示物です。

さすが国立の博物館ですね。

興味のある看板なども出てきますよ。

Img_6122\@

よっ!越後屋・・・

なんか悪代官がコソコソしそうですね。

文化についても興味がわきました。

江戸時代の文化の様子などはとても華やかなものですね。

Img_6133 Img_6134

祭り・あそび・妖怪などいろいろなものが出てきます。

Img_6132 Img_6135

今に受け継がれるものがたくさんありますね。

凧揚げなどは私が子供の頃は自作で凧を作って学校の校庭であげたものです。

今の子供たちは徐々にやらなくなってきているのがちょっと残念ですが・・・。

またダルマの展示については、いろいろなダルマがありましたよ。

確かに初詣帰りにダルマを購入すると、場所によって顔が違うんですよね。

Img_6139

招き猫もこんなに種類があるんですね。

Img_6140

ビックリしました。

すばらしいコレクションです。

現代のコーナーに近づくとなぜか親近感がわいてきますね。

Img_6155

別にこの時代を暮らしたわけではないのに、さもさもその時代にいたような感じがしてくるんですよ。

不思議です。

この路地も見たことがあるような・・・と思ってしまいました。

Img_6156

多分、映画の三丁目の夕日をみたからでしょうかね?

でもリアルに掲示していますよ。

今にも映画が始まるような感じがしますでしょう?

Img_6157

この薬屋だって営業しているような感じですよね。

Img_6158

しかも「わきが」「いんきん」などの掲示が多いですよね。

この時期は、流行していた病気なんでしょう。

そう考えると、現在と戦前・戦後あたりでは流行している病気は違うでしょうし、現代医学の進化によって昔は治らない病気も今では簡単に治るものも多くなったと思います。

TBSドラマの仁を見るとそう思いますよね。

さらにびっくりしたのが戦後に建てられた団地の間取りがそのまま再現されていたんです。

Img_6161

今では古くなった団地ですが、当時はかなり話題だったと聞いています。

私も子供の頃は、父の会社の社宅で育ったので、なんか似ている感じがしました。

トイレもこんな感じでしたね。

Img_6163

さすがに木の風呂ではなかったですが・・・

Img_6162

この台所を見ると今にも家族団らんの様子を思い出してしまいますね。

家族みんなでこのテーブルを囲んで食べていたんでしょうね。

Img_6164

箸置きが懐かしい。

この洗濯機も古いですね。

Img_6169

まわして絞るタイプですね。

あとは懐かしいジュークボックスがありましたよ。

Img_6172

よく100円を入れて聞きました。

ここまでいろいろとご紹介してきましたが、現代の部分はとても身近ですね。

あの懐かしいCMも画面に映っていました。

Img_6173

ソニーのウォークマンを猿が聴いているCM。

Img_6174

発想の豊かなCMでしたよね。

そしてゴジラもいました。

かなりリアルに作られておりました。

Img_6176

最後の方はかなり急いで見たんでちょっと残念でしたね。

やはり3時間くらいじっくりと見ていたいものです。

身障者用トイレはあちらこちらに設置されておりました。

Img_6177

とても便利でしたね。

ぜひとも今度はゆっくり見学に訪れたいものです。

★国立歴史民俗博物館

千葉県佐倉市城内町 117

電話 043-486-0123

ホームページ http://www.rekihaku.ac.jp/index.html

東関東道 四街道IC又は佐倉ICより約8キロ

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 巨大な博物館はバリアフリーで1日楽しめます! 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム


⇑ PAGE TOP