全国車椅子バリアフリー旅行調査2016 (西日本編3日目) 高松→高知→松山

Pocket

フェイスブックでも活動記録(動画レポート)を載せております→こちら

【2016年11月30日(水) 高松市→高知市→松山市】

★立ち寄ったスポット

①上原屋本店

②高松シンボルタワー

③高松平家物語歴史館

④桂浜

⑤坂本龍馬記念館

せっかく香川県に立ち寄って「讃岐うどん」を食べないわけにはいかないと思い、車椅子で入店できる讃岐うどん店を見つけました。

以前、テレビ番組で紹介した際に身障者用駐車スペースが映っていたのを憶えておりました。

上原屋本店

Dsc_1236

当日は東横インに宿泊していて、朝食も食べられるのですが、あえて朝食をいただかないで讃岐うどんを食べることにしました。

Dsc_1233

身障者用駐車スペースはお店の入口前にありました。

Img_1474 Img_1475

中に入るとショッピングモールのフードコートにある讃岐うどん店のようなセルフサービス方式になっており、ベースとなるうどんを選んだら、トッピングするものをチョイスします。

Dsc_1235

サイドメニューにおでんがあったのを見てびっくりしました。

うどんのつゆは自分でかけます。

今回はお店の方にかけていただきました。

Img_1476

揚げ玉は自分で適度に入れます。

サイドメニューやトッピングをしなかったら300円を切る値段にはびっくりしました。

私はいろいろと頼みましたので800円近くになってしまいましたよ。

Dsc_1230

そして9時台なのにぞろぞろと地元の方が入店されるんです。

自宅で朝食を食べないんでしょうか?

明らかに不思議な印象でしたが、味は関東で食べる讃岐うどんと違って本当に美味しかったです。

Dsc_1234

お腹がいっぱいになって次に向かったのは、お決まりのタワーです。

高松シンボルタワー

Img_1480   Img_1499

JR高松駅前に四国一の高層ビルがあるという情報を知りました。

ぜひとも上りたいという一心で向かいました。

地下に駐車場が設置されておりますが、身障者用駐車スペースにポールが立っていたので事務所に電話をかけて取り外していただきました。

Img_1486  Img_1483

Img_1481  Img_1482

シンボルタワーというだけあって人気があるのかな?と思っておりましたが、一番上の展望階に居たのは私だけでした。

Img_1487

残念ながら商業施設になっており、タワー展望階も半分しか展望スペースはありませんでした。

Dsc_1242

印象ではタワーの最上階に上っただけという感じです。

景色はかなりきれいでしたよ。

夜景の方が楽しめそうです。

Dsc_1239  Dsc_1240

多目的トイレはきちんとありました。

Img_1502  Img_1503

次に向かったのが

高松平家物語歴史館

Img_1505

身障者用駐車スペースはありました。

Img_1506

それではいざ受付へ。

Dsc_1243  Dsc_1244

この歴史館も私以外には誰もおらず。

Img_1507  Img_1515

入場料を支払って1・2階を見学することにしました。

Dsc_1245   Dsc_1251

エレベーターが設置されておりますが、2階には傾斜のある坂が室内にあります。

Img_1513

また一番奥には豪華な人形がありますが、階段越しにあったので若干見えにくい点がありました。

Dsc_1249

私の印象的には蝋人形の館という感じです。

Dsc_1246

しかも平家物語の残酷なシーンを人形化していることもあり、お化け屋敷のような感じさえしました。

Img_1518

途中にドクロがたくさん飾っている場所があるのですが、車椅子利用の場合は順路通りに行けないため、エレベーターのある場所まで戻ってくる必要があります。

そのためドクロコーナーをまた見なければならない怖さもありました。

しかもお客さんは私1人。

ますます不気味でしたよ。

身障者用トイレに入りましたが、ものすごく怖さを感じました。

Img_1521  Img_1522

Img_1523

物語の内容よりもお化け屋敷に立ち寄ったイメージが強いです。

歴史館を見終わって次は思い切って高知県へ行くことに決めました。

せっかくこの四国に立ち寄りながら、高知に行かなかったら今度いつ行けるかを考えた結果です。

高松から高知までは約2時間以上の道のり。

桂浜公園

Dsc_1257

意外と高知ICから桂浜は離れていました。

桂浜駐車場に到着して電動アシスト装置のスマートドライブを装着しました。

Dsc_1252

装着したのは急傾斜の坂があるだろうと予測。

実際に予測した通り、スロープにはなっているもののかなり急傾斜でした。

坂本龍馬像がある場所まではかなりの距離の坂を上ります。

Img_1534  Img_1541

Img_1540

スマートドライブがトレーニングモードになっていたこともあり、坂の途中でストップすることも多々あり、最後は近くにいた方に車椅子を押していただきました。

Dsc_1264  Dsc_1265

なんとか坂本龍馬像のところまで到着しましたが、車椅子に乗りながら自力だけで上るのはちょっと困難ですね。

Dsc_1260  Dsc_1253

桂浜には身障者用トイレは駐車場そばにありましたが、屋外のトイレですのできれいかどうかはわかりません。

Img_1528

それでもなんとか坂本龍馬像を見れたのはラッキーでした。

Dsc_1255

Dsc_1258

坂本龍馬記念館

Dsc_1267

Img_1544  

近くに坂本龍馬記念館がありましたので、そちらを利用することにしました。

Img_1546  Img_1548

身障者用駐車スペースはありませんでしたが、車椅子を降ろすスペースがありましたので何とか降りることができました。

Img_1542

館内はスロープとエレベーターでの移動になるので安心です。

Img_1557  Img_1554

多目的トイレもきれいでした。

Img_1551  Img_1552

Img_1553

坂本龍馬関連の資料が多数ありましたが、この記念館の屋上から見える海岸のきれいさにはびっくりでした。

Img_1565  Img_1566

Dsc_1277  Dsc_1275

最高です!

Dsc_1269   Dsc_1271

高知に来て良かったと思えた瞬間でした。

※平成29年4月から1年間全面休館予定ですので十分注意をしてください。

Img_1560

高知から今日の宿泊地の松山までは2時間半。

距離的には一般道を使った方が短いのですが、山道を通ることもあって、距離のある高速道路を使った方が速いことがわかりました。

3日目は移動距離が長かったですが、なんとかこれで四国四県に到達できました。

★上原屋本店

住所 香川県高松市栗林町1-18-8

電話 087-831-6779

HP: http://ueharayahonten.com/

★高松シンボルタワー

住所 香川県高松市サンポート2-1

電話 087-822-1707

HP: http://www.symboltower.com/

★高松平家物語歴史館

住所 香川県高松市朝日町3丁目6番38号

電話 087-823-8400

HP: http://www.heike-rekishikan.jp/

★桂浜公園

住所 高知市浦戸

電話 088-823-9457(高知市観光推進課)

HP: http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/39/katsurahamakouen.html

★高知県立坂本龍馬記念館

住所 高知県高知市浦戸城山830番地

電話 088-841-0001

HP:  http://www.ryoma-kinenkan.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です