ビルに1か所の多目的トイレがあるだけでバリアフリー化に影響する

2019.03.12 (火)

あなたのお店の『バリア解消』請負人

バリアフリースタイル代表の白倉栄一です。

 

バリアフリー化で一番あってほしいと

思われているのも、

一番コストがかかると思われているのも

「多目的トイレ」の設置になります。

 

そういった意味では

多目的トイレの設置こそが

重要なポイントになるでしょう。

 

どうしてもハードルが高くなりがちですが、

都内にはたくさんのビルがある中で、

もしビルの中に1か所だけでも

「多目的トイレ」があれば、

ビル全体が車椅子でも行ける

スポットになるにちがいありません。

 

それであれば、店舗ごとに考えなくても、

一気にバリアフリー化へ変えることが

できるわけです。

 

それによって集客につながれば、

ビルそのものの価値を上げることができて、

とても大きなことではないでしょうか?

ビルに1か所あるだけで大きく変わる!

東京駅の八重洲口にある

「塚田農場」が典型例です。

 

雑居ビルの2フロアに塚田農場があります。

 

宮崎県産中心の店舗と

北海道中心の店舗がありますが、

一番最上階に多目的トイレがあります。

 

ここは店舗の外に多目的トイレがあるために、

どこのフロアを利用していても、

トイレを気軽に使うことができるんです。

 

実際にこれが店舗の中に多目的トイレがあったら、

別のフロアの店舗を利用している人には、

使いにくいでしょう。

 

その点がとても工夫されていると感じました。

 

私は東京駅の周辺で

あるセミナーを受講することが多く、

その際は車椅子利用の私がいるために、

主催されている方は

バリアフリーの居酒屋である塚田農場を

懇親会会場として選んでくれています。

 

しかも周辺には、

多目的トイレのある店舗がないために、

毎回この塚田農場をリピートして

行くことになるのです。

 

懇親会の人数も10名近くいますし、

何度も利用することから、

店舗にとっては

集客・売上に結び付いているはずです。

 

これがバリアフリー化における

大きな魅力と言えるのではないでしょうか?

車椅子利用者1人ではなく多人数が増える

ほとんどの方々は、

1人の車椅子利用者が利用したところで、

売上には影響しないと思っていらっしゃると

思います。

 

でもそれは大きな誤解です。

 

車椅子利用者の外出は

ものすごく増えているので、

友人・家族・同僚などと一緒に出掛けるとなると、

明らかにバリアフリー化によって

もたらすものは大きくなっていくでしょう。

 

1人の売上ではなく、

5人・10人、場合によっては

20人・30人の売上が発生するのです。

 

こうなればものすごく大きく感じるはずです。

 

だからこそ世の中がバリアフリー化に

なっていない今だからこそ、

1つのビルにたった1か所の

「多目的トイレ」を設置するたけで、

ビルのテナントの活性化に

つながっていくでしょう。

 

そのことを気づくかどうかで

今後の集客・売上には

大きな明暗が分かれると思います。

 

ぜひこの世の中の流れの中で

バリアフリー化を進めて

集客・売上につながげて

みてはいかがでしょうか?

 

—————————————-

この度、新ホームぺージを作りました。

無料ダウンロードをご用意しました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

★PDFのダウンロードは

下記をクリックしてください。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

真のバリアフリー77リスト

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: ビルに1か所の多目的トイレがあるだけでバリアフリー化に影響する

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


おすすめのバリア解消コラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP