車椅子ユーザーにとっては価格より質が重視されてきている

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。自走式の車椅子の重量は、だいたい15キロ前後だと思います。スーパーマーケットなどにある車椅子は、20キロ近くあると思います。一見すると、この5キロってさほど大したことではないようにお思いでしょうが、1キロ軽くなるだけでも重要なポイントなんです。

車椅子ユーザーにとっては1キロの軽減がとてもうれしい

車椅子ユーザーは、1日中車椅子を利用します。朝起きてから会社に行って、帰ってきては自宅で過ごすにも、車椅子生活が続きます。その中でも外出する際には、車椅子を車に収納しなければなりません。(※車通勤の場合)

この作業の時に少しでも軽いと、身体への負担が軽減します。私の車椅子は現在14.2キロですが、これでもタイヤのホイールをカーボンに変えているので、もともとは1キロちょっと重い状態にあったと思います。

驚きなのは、カーボンホイルにするだけで1キロちょっとが軽くなるんです。そうすることで、車椅子を収納するのにものすごく楽になるんです。この1キロが車椅子ユーザーにとっては大きいのです。

車に収納するために車椅子を持ち上げるのは身体にとって良くない

私は長年車椅子生活をしているので、ひじがとても痛い状態にありました。かかりつけの整形外科に診察に行っても、テニス肘と言われておりました。テニス肘は、テニスをやっている人だけが起こる症状ではありません。

ものを掴んで持ち上げる動作やタオルを絞るような動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが発生します。原因は、年齢とともに肘の腱が痛んで起こる症状です。

車に車椅子を収納する際に、車椅子を持ち上げます。この時の体勢は、片腕だけで15キロの車椅子を持ち上げるんです。だから腕に負担がかかるんです。それを長年続けていることで症状が発生しました。

現在は、車にオートボックスという車椅子を自動で収納する装置を取り付けているため、腕の力で収納することはなくなりました。そのおかげでテニス肘の症状は、ほとんど無くなりました。一時期は一生治らないと言われたくらいでしたので、ものすごく驚いております。

最近では価格面より質へのこだわりが重視されている

車椅子の重さが1キロ変わったりするだけで、大きな改善になるんです。でもその1キロを変えるだけで、費用が大幅にかかるんです。タイヤのホイールをスポークからカーボンに変えるだけで2本で5万~10万くらいは違うんです。ビックリですよね。

でもそれが現実なんです。それでも車椅子ユーザーが日常生活するためにはお金がかかっても、日常の生活が楽になることを望む方が多いです。前輪キャスターについても、振動を軽減する装置は高いですが、座り心地をUPさせるためにはお金がかかっても取り付ける人が多いです。

ノーマルの車椅子を乗っている人は、かなり少ないです。結局、オプションをつけて購入する方が多いと思います。最近は、価格なリーズナブルな日本製より、価格が高くても乗り心地や剛性の優れている外国製を選ぶ人が多くなっています。ポイントは価格というより質へのこだわりが出てきているのかもしれません。

車椅子利用者におけるバリアフリー情報はトラブルを想定した複数の選択肢が必要

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。最近は都内に行くことがとても多いですが、駐車場・トイレなどでは意外とトラブルが多く感じます。そのためにはいくつも選択肢を用意しておくことが必要だと痛感しております。

選択肢がないと現地でダメならものすごく戸惑うことに

なぜ選択肢が必要なのでしょうか?意外にもあらゆるスポットで、故障が多発しております。トイレの故障・昇降機の故障など・・・。利用できる時間帯が一般の健常者と違っているケースなど・・・。

具体的に説明しますと、ショッピングモールや多層階のビルにおいては、多目的トイレが1か所ということではないので安心です。しかし、駐車場に設置されている多目的トイレは、1物件につき1か所しかないケースがほとんどです。

最近利用した都内の駐車場において、多目的トイレのドアに「故障中」という張り紙がありました。コンビニに設置してある多目的トイレのドアにも「故障中」と書かれていました。

今日はこのトイレを使おうと思って外出していたのに、使えないことが分かると「どうしたらいい?」と不安になります。別のトイレを探すにしてもすぐには情報が分からない・・・。そうなることも想定して、近隣のどこに多目的トイレがあるのか事前情報を察知しておいた方がいいと思います。

故障していて使えないケースもよくあるので注意

次に都内では地下駐車場が多い中で、地下から地上に上がるためにエレベーターではなく昇降機で上がるケースが多くなっています。駐車場が先に造られているため、後から改装でエレベーターを取り付けるのは難しいことが理由だと思います。

そのため階段に昇降機を取り付けることで、バリアフリー化をされている取り組みです。但し、この昇降機があちこちで故障しまくっているんです。なぜなのかが分からないのですが、最近新しく取り付けましたと言っていて、2.3か月後に故障するスポットを多く見ました。耐久性が弱いのか?誰かがいたずらするのか?

その場合は地下駐車場に止めても、車椅子利用者は地上に行くことはできません。さすがに別の駐車場を探さなければなりません。そこで慌てることはまちがいありません。そのためにはトイレ同様に、事前情報を察知しておいた方がいいと思います。

営業時間と異なる場合もあるので注意が必要

あとはエレベーターの稼働時間帯や多目的トイレの使用できる時間帯が、営業時間と異なる場合です。例えば「24時間営業しています」と掲載していても、エレベーター・トイレの時間帯は制限されていることがよく見かけます。

理由としては「防犯上のため」と記載されており、なぜ防犯上?と思ってしまいます。多分、警備員さんの人員が不足している時間帯なのかもしれません。だから防犯上でカギをかけてしまうような措置をしているのでしょう。

注意点は、情報を確認するときには「車椅子利用者が使う場合には」ときちんと伝えることです。そうでないと一般の健常者を想定して「24時間使えますよ」と言われてしまうことがよくあります。現地に行ってからトラブルに遭わないためにもチェックしておいた方がいいと思います。

一般の健常者にとっては、何気ないポイントも車椅子利用者が外出する場合には、制限されてしまうことがよくあります。安全・安心な外出をするためにも確実な情報を掴んでおくといいでしょう。石橋を叩いて渡るくらいがちょうどいいと思います。

毎日車椅子を利用しながら車椅子の正しい操作方法が知らない?

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。自走式の車椅子を使っておりますが、最近は、車椅子スキルマスターの講習のアシスタントなどをやっていて、とても感じることがあります。それは車椅子の操作を教えてくれる場所が今までなかったことです。

車椅子の正しい操作方法を教えてくれる機関が誕生!

現在は、国際せきずい損傷リハビリテーション協会(Re-SCI)が主催する車椅子スキルマスターコース・車椅子スキルインストラクターコースがあり、私がいつもお世話になっている橋本先生の下で、車椅子の操作を教育する講座が設置されております。

私はそこで分かったことは、今まで車椅子の操作そのものを習ったことがなく、身体で覚えていったにすぎないことでした。病院でも車椅子販売店でも車椅子の操作を詳しく教えてくれる機関がないと思います。

ある意味、身体で覚えることは料理人のような感覚なのかもしれませんが、少ない力で大きな力を発揮するような技術を知らなかったんです。毎日乗っている車椅子そのものの特性すら知りませんでした。

今まで車椅子ユーザーは覚えるより身体で慣れていった

車椅子ユーザーにとっては、とてもビックリするような出来事でした。何気なくやっていることも、こうすればもっと漕ぎやすくなるといったことがいくつもありました。

実際になぜ車椅子の操作方法をやらなかったのだろうか?と振り返ってみました。私が入院していたリハビリテーションセンターでは、確かにベッド・トイレ・車からの乗り移りの教育を受けました。さらに基礎体力をつけるためのトレーニングなどもやりました。とにかく身体を鍛えろという感じでした。

車椅子の操作で教えてもらったのは、前輪のキャスター上げだけはやったような気がします。ただ現在の橋本先生が教える教育のような形ではなく、荒療治の教育だったような気がしてなりません。後ろに何度も倒れながら覚えていくようなものでした。

前輪のキャスター上げができないと段差をクリアできない

今でも講習の中で、前輪のキャスター上げが参加者にとって難しいものです。車椅子ユーザーの方でも苦手な方が結構います。車椅子というものは前輪のキャスターが一番厄介なんです。

たった2㎝の段差でも前輪のキャスターを上げないとクリアできませんし、舗装されていない道路では、前輪のキャスターを上げてウイリーのように走行しないと前輪が陥没してしまい、身動きが取れなくなってしまうんです。

だからこそ、前輪のキャスター上げができないと生活に不便してしまうんです。現在の講習では後ろにマットを敷いたり、人の支えをつけて練習します。子供が補助輪を外すまでの訓練に似たものがあります。

もちろん身体の障害レベルによって、習得できる内容は変わってきます。私は脊髄損傷の胸椎5番(みぞおち付近)なので、腹筋・背筋が効かないこともあり、大きい段差(10㎝以上)はためらってしまいます。怖さが出てしまいます。

車椅子のスキルをきちんと身に着けることによって変わってくる

車椅子スキルの講習を受けることによって、健常者の方も車椅子利用者に対しての正しい指導方法ができるようになりますし、車椅子ユーザーの自身のスキルアップにもつながると思います。

そして車椅子スキルを知って、気軽なスポーツを通して、障害があっても高齢であっても健常者であっても楽しくふれあえるコミュニケーションツールになることを願っております。

車椅子で行く旅行には事前計画がどうしても必要か?

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。私は旅行好きなのでバリアフリーなスポットを探してあちこちに行きます。昨年にはお陰様で日本1周も達成することができました。

でもバリアフリーなスポットを見つけるのは、未だに簡単ではありません。そこで車椅子利用者が旅行をする際にいつも大変なのが「計画」です。その部分について掘り下げてお伝えします。

自分の車で行くときは宿泊施設の有無だけの行き当たりばったりの旅

まず計画を作る際、手段をどうするのか?によって変わります。自分の車で旅先に行くのか?鉄道・飛行機を利用していて旅先に行くのか?それによって大きく変わってきます。

長年旅行してきて一番楽なのは、自分の車で行くことだと思います。なぜなら私は車を運転できるからだと思います。その他には、たくさんの荷物がそばにないと不安なんです。パンクをしたらスペアタイヤはあるのか?とか悩むことがたくさんあります。

そのため意外と車で行くときには、トランクにいろいろなものを詰め込むことができるので、とにかく安心できます。車で行く場合には、宿泊施設の手配だけをしっかりすれば、私の場合は行き当たりばったりで出かけてしまいます。日本一周も意外とあれこれと考えずに、出かけてしまいました。事前に考えすぎると、余計にプレッシャーがかかり飛び出せなくなりますね。

宿泊施設は金曜日・土曜日の空き状況が少ない点に注意

逆に、鉄道・飛行機を利用する場合は、限られた荷物しか持っていけません。だからこそ、不安になります。さらに手配という点できちんと計画をしなければならないんです。

計画のポイントは、飛行機・鉄道・レンタカー・宿泊などの手配です。特に宿泊施設については、一般の健常者と違って、インターネットで空き状況を確認できないのが一番つらいところです。

具体的に申し上げると、私は日本1周の時にものすごく困ったのが、金曜日と土曜日の宿泊です。もともとバリアフリールーム自体が少ないにもかからわず、金曜日と土曜日は他の曜日に比べて満室になっていることがほとんどです。

私の場合は、秋田では6ヶ所あるバリアフリールームのホテルに電話をかけまくって、なんとか1ヶ所のホテルが配慮をしていただきOKになったくらいです。弘前を出発して秋田で宿泊できなければ、車で2時間以上離れた山形か鶴岡に向かうしかありませんでした。

鹿児島に行った時も同様でした。鹿児島市内のバリアフリールームは全て満室。かなりピンチでしたが、宮崎と鹿児島の県境の宮崎県えびの市にバリアフリールームがありホッとしました。

インターネットで空き状況が確認できないので、片っ端からホテルへ電話するしかないのです。3軒以上電話をかけて「空いていません」と言われると滅入ってきます。5軒を超えてくると「もうだめだ」と思ってしまいがちです。金曜日・土曜日の宿泊は、できるだけ早い段階で予約するのをおすすめです。

鉄道・飛行機の場合は、現地における交通手段を見つけることがポイント

宿泊の次には、レンタカーの確保ですね。空港から先のレンタカーが確保できなければ、旅行の取りやめになる可能性もあります。行った先の交通手段がなければ、どこに行くことも出来ません。

あとは飛行機・新幹線の手配ですね。飛行機だとインターネットで空席状況をチェックすることができますから意外に安心です。新幹線は以前にもお伝えしたように、手配がとても面倒な部分があるので、確実な乗車スペースをとれるかどうかわかりません。でも最悪は自由席でもなんとかなると思います。

その他の事前計画は、私の場合はあまりないですね。但し、考えておかねばならないのは、思っていた以上に移動時間がかかります。そのためには少しでも余裕のある計画を作っておいた方がいいと思います。ぜひとも計画で盛り上げて、実際に行ったらさらに盛り上がるような旅にしたいものですね

オリジナルの電動車椅子を作り続ける日本の匠「㈱メックデザイン 井上和夫社長」

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。今回はオリジナルの電動車椅子を製作している凄い人をご紹介します。㈱メックデザインの井上和夫社長です。

井上社長の見た目は、タレントの所ジョージさんのような感じで、ちょっと小太りでファンキーな親父さんって感じでした。まさにかっこいいんです。でも年齢は67歳なんです。ものすごく驚きましたよ。生きざまがかっこいいから、若く見えるんでしょうね。

筋ジストロフィー症の親友のために作ったことがきっかけ

㈱メックデザインは、東京の練馬区にある工房です。入口には「吉田いす」と書かれていました。一瞬、吉田社長?と思ってしまいますが、吉田さんのために作った車椅子なので吉田いすなんです。それを「吉田いす」と名付けてしまったんですよ。

入口にスロープをかけてもらって、工房の中に迎えてくれました。そこにはいろいろな部品や製作品が置いてあり、街のサイクルショップや自動車修理工場のような感じでした。日頃から電動車椅子の研究をし続けているようです。

電動車椅子製作への想いは単なる医療機器ではなくエンジョイも追求

まず私たちに見せてくれたのが、東京MXテレビで紹介された「企業魂」というコーナーでした。井上社長の電動車椅子製作への想いを知ることができました。その内容はホームページでも紹介されております。以下の通りです。

 友人の吉田くんが筋ジストロフィーになり余命が長くないと診断されて、何か力になれないかと電動車いすを作り始めました。友人のために電動車いすを作るという夢のようなことが、いつの間にか本業になってしまいました。

作り始めた頃、吉田くんがよく言っていたのは「電動はどれも医療器具みたいでそれに乗るのは抵抗感があったんだ」「自分が身障者だって再認識させられてしまう」後天的に身障者になられた方々はそんな思いが強いと思います。

乗って楽しむ、気分良く乗れる、走行をエンジョイする、狭い屋内での動きをフォローしてくれる、こういうこともできる、ああいうこともできると、生活を一変させるようなそんな風に思うことができる電動いすを作ることが必要なんです。歩けないから仕方なく乗る、乗りたくないけどしょうがない、そんな車いすではだめです。

本当に必要な、力になってくれる、ずっと座っていても疲れない、移乗も楽で高いところも低いところも手がとどく、そんなオンリーワンが必要なんです。

このようなプロユース的な電動いすをもっと作れたらと思います。楽しい電動いす、プロユースの電動いす、日常をもっとリッチにしてくれる電動いす、そんな電動車いすを目指します。 ~井上社長のHPより引用(中略あり)~

舞台照明で活躍されてきた井上社長は、筋ジストロフィー症になった親友の吉田さんのために電動車椅子を作ってあげたことをきっかけに、今では他のメーカーから作れないと断られてきた方々をたくさん救ってきました。そういった意味では、井上社長こそが最後の砦なんです!

話していると、どんどんいろいろなことを聴きたくなるんです。アイディアが斬新なんですよ。それでも井上社長は謙虚な方です。「私はハイテクな物は作れない。すべてローテクなんです」と笑っておっしゃっていました。

車椅子利用者の様々な要望を聞いて新しいものを挑んでいく

実際に試乗してみました。車椅子に乗っても一般の人と同じ目線で話せる電動車椅子に乗りました。100キロ近くある私を持ち上げてくれるだけの耐久性があります。なんと200キロまで大丈夫なんです。それ以外にも砂浜を走れる電動車椅子・立位になって動ける電動車椅子など様々な要望に応じて作ってくれるものばかりです。

海外メーカーならすごく高価なものでも、井上社長ならリーズナブルで作ってくれるんです。レーシングカーのシートをつけた車椅子だって作っちゃうんです。実用性だけでなく、ワクワクするような楽しい部分も兼ねそろえるところが、QOL(qualty of life: 生活の質)を上げるんです。

高齢者や障害者になると、生活の中で我慢することは多くなります。重症化すればするほど諦めが多くなると思います。でも生きていく上で少しでも楽しみたいものです。だからこそ車椅子生活だから「できる」だけではダメなんです。「楽しむ」まで持っていくことが重要だとおっしゃっていました。

井上社長はまさに「日本の匠」

これからも素晴らしいものをどんどん作ってくれると思います。井上社長には残念ながら後継者はいませんが、「あと10年ぐらいは大丈夫だよ!」って笑いながらおっしゃっていました。

「日本の匠」に会ってものすごく元気をもらいました。今後の井上社長の活躍がものすごく楽しみです。興味のある方は一度工房へ訪問をしてみてください。井上社長の楽しい話と素晴らしい機器に触れてみてはいかがでしょうか?本当に魅力のある人だという事が分かりますよ。

社名:株式会社メックデザイン
代表取締役:井上 和夫社長
住所:東京都練馬区豊玉北4-31-2 パレーゼ山手1F
電話:03-6914-6880
HP: https://www.mec-design.jp/
ブログ:http://blog.livedoor.jp/yoshidachair/

本人の意思を確認するコミュニケーションが職場環境を変えていく

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。職場における環境においては、どうしてもマイナス部分に目がいく傾向が多いです。そうすることによって「あの人は仕事ができない」と決めつけてしまいがちです。特に障害者の場合は、そう思われてしまうケースが多々あります。

上司が変わる場合は部下の内容における引き継ぎが重要

車椅子利用者であっても、物理的にできない仕事はありますが、工夫すればできる仕事は十分にあります。しかも以前やっていたことのある仕事であればもちろんできる仕事になりますが、よくあるのは上司が変わったりすることによるケースです。

上司が変わることでチームが好転することもありますが、後退することもよくあります。ポイントは異動時における引き継ぎだと思います。特に障害者の方がいる場合は、その方がどのような障害をお持ちで、職場において配慮すべき点をきちんと引き継ぐことだと思います。

障害者だから○○と決めつけられてしまうと環境が悪化してしまう

新しい上司は、その車椅子利用者のことを知らないわけです。以前やっていた仕事ももちろん知りません。でも「障害者だから○○」と決めつけてしまい、その本人に確認もとらないで、「できない」と勝手に決めてしまうケースがあります。これは明らかに引き継ぎミスによるものです。

そうなると人員は不足になっていても、その車椅子利用者は戦力の中に入らないんです。周りのチームメンバーが上司に対して「あの人ならできますよ」と言っても、上司は一切耳を貸さないそうです。

最近、そのような話が私のもとに飛び込んできました。まさしく活躍できる場をつぶしてしまう事例です。本当に残念なことです。こういった点によって、職場環境を後退させてしまいます。

人を決めつけてしまうことで能力が開花できなくなる現実

企業にいると「あの人は○○だから△△」と決めつけてしまいがちです。しかも総合的にできているかどうかを判断しまいがちです。できないものがあったりすると徹底的にその部分を指摘していくのです。

いろいろな部分に長けているのはすごいことだと思いますが、重要なのは「何かに優れた能力を見つけること」「人のモチベーションを上げること」だと思います。企業においては業績を上げることが大きな成果なので、人の配置も適材適所を考えてあげることが重要なポイントになります。

本人の意思を確認することでチームビルディングにつながる

そのために重要なことは、とにかく人と人とのコミュニケーションです。相手に確認しなければ分からないものはたくさんあります。働いている人は意思を持っています。上司は部下の意思を聞いてあげることで、チームビルディングを作っていくための情報づくりになると思います。

健常者であろうと障害者であろうと人件費がかかるものです。せっかく雇っているならば企業に貢献してもらうためのステージづくりは欠かさないものです。そのためには本人の意思を確認し続けることで、能力発揮の糸口がみつかるのではないでしょうか?

車椅子ユーザーでもOJIの考えで仕事のスキルアップが目指せる!

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。サラリーマン生活をしていて成果を出したいと思っていた私にとって、何をするにしても、時間短縮する方法はないかをいろいろと試行錯誤しておりました。そういった部分が成果を上げていく方法だと思っております。車椅子ユーザーでもチャンスがあるはずです。

業務改善のOJIプログラムが改善の原点

店舗で勤務していた時に、ある手法を用いていたことがあります。2000年頃に創造的業務改善のOJIプログラムというものがありました。OJIというのはOn the Job Improvementの略で、現場の業務改善というものでした。

本部主導によるシステム化・標準化を求められていた時代から、店舗主導に変えて個別化・創意工夫を取り入れて、店舗の中で業務改善をしていくことで売上を上げていく手法です。

特質は業務改善(ムダの排除)によって生み出された人手(人時)をチャンス・ロス(売り逃し)撲滅と新たな付加価値づけに投入することができるといった考えです。 ~引用元「OJIチャレンジ」商業界村上忍著~

このOJIに取り組むことが店舗の決め事でしたので、毎月何件業務改善に挑戦したかどうかを個別で報告していました。おかげさまでまだ役職の就いていない時代に、件数で店舗1位になりました。とにかく件数を多く取り組むことに力を入れていました。きっと件数が徐々に質を高めてくれると思っておりました。

一気に大きな改善は思いつかないから小さいことからコツコツと。

残念ながらハンディキャップのある立場である私にとっては、どうしたら時間短縮ができないかいろいろと考えました。その結果、自分の身の回りの中で時間短縮を挑みました。ものをとるための場所などは車椅子ユーザーの私にとっては動くことが時間がかかることに繋がるので、その点を改善します。

ここでのポイントは小さなことから進めていくことです。そんなレベルを変えても物事は動かないのでは?と思う方もいると思いますが、1日たった1分の改善が、1ヶ月・1年間と考えていけばものすごい時間になります。

身近な改善ができるようになるとアイディアが湧いてくる

そのような身近な改善ができるようになると、自分だけでなくチーム全体の業務について改善提案が思いつきます。「こうやったらチームで仕事がしやすくなりますよね。いかがでしょうか?」となります。そうなるとチームの活性化にもつながり、チームにいなければならない存在となります。

人によってはそんな小さいことを改善しても、大したレベルではないという方もいます。果たしてそうでしょうか?言い方を変えれば、小さな改善ができない人が大きな改善することはできないんです。つまり何も改善しない人になるんです。大口をたたくけど実行に移せない人です。

いきなり身の丈に合わないハードルを飛ぶことは避けた方が望ましいです。小さなことの積み重ねを通して、どうしたら仕事をスピーディーに進めることができるかアイディアが湧いてきます。

ルーティン業務を早く終えれば、オリジナルの仕事に着手できる

私は課長職になるまで、そればかりを考えてきました。そうすることでハンディキャップがあっても同じ土俵で勝ち上がることができると思っておりました。スピーディーに仕事を進めることで、ルーティン業務をさっさと終わらせて、自分オリジナルの仕事に着手できるはずです。

チームをまとめていくのは簡単ではないですが、まずは自分自身だけの領域の中でいかに実績を上げて認めてもらうかです。成果を出したら、間違いなく場の空気は変わるはずです。この人がいるから成果を出せると思われたらチャンスだと思います。悩んでいる人はぜひとも自分を変えることから始めてみてください。

車椅子の違いは価格だけではない?用途も違うのです!

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。車椅子ユーザーにとって車椅子は単なる乗り物ではなく、少しでも乗り心地を求める乗り物になってきています。そこで今回は一般的によく見かける車椅子についてご紹介します。

ショッピングモールや総合病院で貸し出す車椅子とは?

ショッピングモールや総合病院にて貸し出す車椅子と自分で漕いでいる人の車椅子は似ているようで全く違うのをご存知ですか?一般の人が見たときには「車椅子はどう見ても車椅子でしょ?」と思いますよね。でも似て非なるものなんです。

例えて言うならば、軽自動車と国産高級車との差があるくらい違います。もちろん用途も違いますが、購入価格がえっ?と思うほどなんです。ではどれだけ違うのでしょうか?

ショッピングモールや総合病院においてある車椅子は、だいたい5万円前後のものです。用途は高齢者の方などが、現地で歩くのはきつい時に使用するもので、常時使用することはめったにありません。そのため乗り心地についてはあまり追求されておりません。

さらに自分で漕ぐものではなく、付添の方に押してもらうように造られたものです。そのため車椅子のタイヤの位置が自分の身体より後ろの軸となっています。寄りかかっても倒れない代わりに、もし自分で漕いだら漕ぎにくいものになっています。

自走式の車椅子は価格が違う上に用途も違う

逆に自走式の車椅子は、1台あたり20万以上します。外国製の車椅子だと40万円前後はします。ほとんどが自分の身体に合わせたオーダーメイドです。障害レベルに合わせて造ります。

でも用途が明らかに違うんです。常時使用するために造られております。車椅子がないと生活ができない人が購入します。そのため乗り心地についてはかなり気にしています。1日中使うのであれば、快適さを求めるのは当然です。

さらに自分で漕ぐために造られておりますので、車椅子のタイヤの位置がほぼ真下についております。そのため、後ろに寄りかかれば倒れます。倒れるのが怖い場合は、後輪のキャスターをつければ、自転車の補助輪のような役目をしてくれて後ろに倒れることがありません。

但し、後輪のキャスターがつくと段差を越えにくくなるので、慣れてくると子供の補助輪のように外すケースが出てきます。とにかく自走式の車椅子はとにかく走行にも優れている点です。

今回は簡単な紹介になりましたが、車椅子においてもこれだけ大きく2つに分かれます。もちろんその他にも電動車椅子などを入れると、さらに多岐に分かれます。

できれば試乗すると車椅子利用者の気持ちが分かる

ぜひとも機会があれば1度試乗してみると、車椅子利用者の目線を感じることができます。まさに時代に合わせたバリアフリーというのを知ることができるはずです。そうなれば職場や店舗の接客応対などにおいて、車椅子利用者の気持ちが分かるので、いろいろな面で役に立つと思います。

車椅子生活の中で気軽にできるスポーツや食事の摂取方法の重要性

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。長年車椅子をしていて、とにかく気になるのが体重の増加です。私も車椅子生活を始めたことから考えると、30キロ以上太ってしまいました。どういうことが原因なのでしょうか?

気軽にスポーツできるような環境があればとても助かる

車椅子生活をしていると、運動不足が懸念されます。車椅子のスポーツをしている人はごくわずかであり、その方々は健康のためにスポーツをしているというより、むしろアスリートとして人生を賭けて勝負していると思います。

本気だからこそ、車椅子バスケなどを見ていて迫力を感じます。パラリンピックに出場するような選手は、とにかく鍛えられた肉体をしています。以前は、腕相撲の日本NO.1の選手が車椅子ユーザーだったこともありました。

どうしても「車椅子ユーザー=スポーツ」と見られてしまいがちですが、実際には車椅子ユーザーの人口の中で、ほんの僅かだと思います。私は小売業に勤めていたことで土日が全く休めなかったことと、近所にスポーツをできる環境がなかったことから、自分で筋トレをするくらいでした。

車椅子利用者は一般の健常者に比べて基礎代謝が減少している

最近では立位になってトレーニングする機器を購入して、毎日トレーニングをしておりますが、太った身体の体重減少には、なかなかうまくいかないものです。一時期は、受傷後40キロ以上も増加しました。

その原因は、基礎代謝の減少によるものです。以前、脊髄損傷専門トレーニングジムに通っていた時に、基礎代謝を計測したことがありました。数値は忘れてしまいましたが、一般の同世代男性よりも大幅に低かったのです。

車椅子ユーザーにとってできないことは「歩けないこと」。逆に言えば歩くということができないと基礎代謝量が大幅に落ちるんです。特に太ももの筋肉を使うかどうかが大きく影響すると言われております。

基礎代謝の減少は食事摂取量の減少につながるためストレスとの戦い

私はよく言われますが、自分の基礎代謝量を踏まえると1日1500キロカロリーレベルでないと、体重の維持もしくは減少はできないとの事です。1日1500キロカロリーの食事というのは、入院中の治療食に近いものがあります。

今までいろいろなダイエットに取り組んでは、失敗ばかりの人生。そこで昨年思い切って、ライザップのような栄養管理のダイエットプログラムに申し込みました。毎回の食事を写真に撮り、食べ方についてコメントを頂く形をとりました。

効果があって3ヶ月で最大14キロ下げることができました。1回当たりの食事はカロリーを意識するのではなく、炭水化物量を掌の半分にすることで成し遂げるものでした。

さすがに食欲に反して我慢しなければならない部分がありましたが、体重が下がることによって、身体の動きが変わってきました。しいては車椅子の操作が軽くなったような気がしました。

食事の摂取だけでなく車椅子スポーツの併用が健康における重要なポイント

残念ながらプログラムが終了して1年位は維持していましたが、食欲が湧いてくるとどうしても食べてしまうこともあり5キロくらいは増加してしまいました。但し、炭水化物量は未だに掌の半分を意識しております。

ポイントは気軽にできる車椅子スポーツの必要性と食事における炭水化物量の調整だと思いますが、炭水化物量を大幅に減らすと頭がくらくらするようなこともありますので、注意が必要となります。車椅子ユーザーにとって身体を健康に維持していくことが、重要であることは間違いないです。

車椅子利用者のバリアフリーを考えるならば車椅子に試乗して考えた方が分かりやすい

Pocket

車椅子ライフデザイナーのまおうです。長年車椅子生活をしていると建物のどこにエレベーターがあるか探します。エスカレーターや階段はすぐに分かるところにあってもエレベーターはなかなか見つかりません。ポイントは車椅子の目線からどうしたら分かりやすいか検証する必要があると思います。

東京駅は何度行っても難しく迷ってしまうスポット

今回、盛岡まで仕事で行くことになりましたが、行きの東京駅においても八重洲地下駐車場からJR東北新幹線に乗るまではかなり迷いました。東京駅は何度いっても難しいですね。

これについては車椅子利用者でなくても難しいと思います。JR東海道山陽新幹線のりばの掲示はあっても、JR東北新幹線のりばとは掲示されていません。結局、JR東日本は「JR線」と統一されていました。だから分からなかったのです。

東京駅はともかく、盛岡駅は特に車椅子利用者にとって不便でした。まさに迷路状態です。しかも向かった先で行き止まりになってしまう現実。駅前ロータリーは道路を渡れないので地下通路を利用しなければなりません。

掲示がない・エレベーターがない・行き止まりの三重苦

まずは地下通路に行くエレベーターを探さなければなりません。この表示が全くありません。やっとエレベーターを見つけて、地下通路を通っていくとJR盛岡駅方面の掲示がありました。しかし向かった先には昇降機がありました。

昇降機は自分で動かすことができないので、呼び出しボタンを押しましたが相手からの声が全く聞こえにくい状態。なんとか昇降機を動かしてくださいと話すも昇降機を動かして下さる警備員さんが到着するまで5分以上。

挙句の果てには昇降機で上がっても、JR盛岡駅には行けないとの事。あくまでもJR盛岡駅の地下にあるショッピングモールに行くのみ。そこにはエレベーターが設置されていないとの事でした。

仕方がないので道を戻り別の道へ。やっとエレベーターを見つけたものの分かりにくい状態。エレベーターの手前には坂があり荷物をもつと上りにくいんです。新幹線に乗る車椅子利用者にとっては、その坂が鬼門かもしれません。

エレベーターのところにJR盛岡駅までの車椅子経路が書かれていました。なぜ地下通路に入った段階で車椅子経路がないのか疑問でした。新幹線に乗るために急ぐ私にとってはかなりの時間を要しました。

実際に車椅子に乗ってみることで目線を確認しやすくなる

今回はJR盛岡駅の例を出しましたが、こういったことは車椅子利用者にとっては日常茶飯事なんです。JR盛岡駅だけが珍しいわけではないんです。

ここで大事なポイントは、車椅子利用者の目線でものを考える事です。できれば車椅子に試乗してみて考えてみるとものすごく分かりやすいと思います。まずは同じ立場で考えてみると今まで見えないことが見えてくるものです。

そして新幹線や空港となると「利用者が急いでいる」というのが大きなポイントです。そこで分かりにくいとなれば時間のロスは大きいです。しかも新幹線への乗車するための時間も健常者と違ってさらに時間を要します。

「ある」ということではなく「使いやすい」ということが大事なポイント

そういった点を考えてこそ、生活に密着したQOL(QUALITY OF LIFE :生活の質)の向上につながると思っております。改修するにはお金がかかるはずですが、掲示方法などを工夫するのは少ないコストでできると思います。もう一度車椅子の目線で確かめてみると、今まで以上に使いやすいものができるのではないでしょうか?

あとは今回の警備員さんのように無言で昇降機に訪れるのではなく、「大変お待たせいたしました」という一言があれば、その場にいても利用者の気持ちが和むと思います。そういった接客応対も取り入れていくことがトラブル回避のためには重要だと思います。