車椅子利用者がネット予約をする時にあったらうれしい情報は?

2019.08.16 (金)

あなたの会社の『バリア解消』請負人 バリアフリースタイル代表の白倉栄一です。

 

車椅子利用者が宿泊施設や公共交通機関の指定席などを事前に予約をしなければならないときに、利用者の立場から述べると、予約がやたら面倒であることが多いものです。

 

どういった点が面倒かと言いますと、ネットで申し込みができないだけでなく、申し込み方法が一切明記されていないために、仕方がないので電話をかけることになる点です。

 

デジタル化されている時代に合わせて、少しでも面倒さを解消していくことが利用者満足の上がるポイントではないでしょうか。

空室状況ですらネットで閲覧できない

今回は利用者の視点で述べますが、一般のチケットと違って、バリアフリーを必要としている人の予約については、どのサイトでも難しい点です。

 

しかも世の中はネット時代になっているのに、未だにアナログでしか対応できないのも残念なところです。

 

もちろん企業側の視点から考えてみると、何らかの理由があるのかもしれませんが、最低限必要と思うのが、空室照会、空席照会です。

 

空いているのかどうかだけでも、ネットで閲覧できることに価値があります。

 

これは企業側にとっても、利用者側にとってもメリットがあるはずです。

利用者が求めるものは何かを想定する

実際に現状はどうなっているかをもとにお話しします。

 

バリアフリールームを予約したいと思い、ホテルのホームページを閲覧しました。

 

でも問い合わせ先は何も書いていません。

 

ネットなのか電話なのかも分かりません。存在していることだけが分かります。

 

こういったときに、サイトマップなどを隅から隅まで閲覧して、ネットで予約ができるのかを確認します。

 

ところがダメでした。

 

次に該当のバリアフリールームが空いているのかどうかをネットで確認します。

 

でも全く分かりません。

 

そこで仕方がないので、電話で連絡をします。

 

そうすると先方からは「その日はすでに埋まっています」と言われてがっかりします。

 

これが5軒以上続くとハッキリ言って、絶望的になり、旅行そのものを諦めたくなります。

企業側・利用者側もムダになる対応は改善したほうがいい

利用者側の気持ちとしては、該当日がネットで空いていないことが分かったら、わざわざ電話することはしないわけです。

 

しかも企業側も空いていないことをお詫びしなければならないという作業のムダが生じます。

 

今後を考えれば、外国人観光客も増加傾向にあるので、電話でしか対応できないのはとにかく不便になるでしょう。

 

外国からネット予約ができていれば、ものすごく簡単でしょうし、利用しやすくなるのは間違いありません。

 

そういったケースバイケースをどれだけ想定しているかが大きなカギになります。

 

利用者の声がなければ分からないものなので、一通りケースバイケースを確認してみるといいでしょう。

 

それがQ&Aとなり、ホームページとかに掲載することで、とても利用しやすさが増すことでしょう。

 

そうなれば集客にもつながるものになるでしょう。

 

————————————-

この度、新ホームぺージを作りました。

無料ダウンロードをご用意しました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

★PDFのダウンロードは

下記をクリックしてください。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

真のバリアフリー77リスト

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 車椅子利用者がネット予約をする時にあったらうれしい情報は?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


おすすめのバリア解消コラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP