飲食店のバリアフリー化には車椅子のサイズを考えたテーブルまわりのレイアウトも重要なポイント

2019.07.10 (水)

あなたの会社の『バリア解消』請負人 バリアフリースタイル代表白倉栄一です。

 

飲食店において、車椅子に乗ってお店の中に入ることができたとしても、残念ながらそれだけではバリアの解消とならない部分があります。

 

バリア解消については、多目的トイレの設置・段差解消・通路幅などの点はもちろんですが、意外と気づきにくいことがあります。

 

それは、食事をするテーブルまわりのレイアウトです。

 

あまりにも窮屈なスペースになると、せっかく来店されても、居心地そのものが快適ではないでしょう。

 

でも逆にその点までも改善することができるなら、これから増え続ける車椅子利用者のニーズにマッチしたスポットとなります。

 

そういったお店が少ない状況だからこそ、今がチャンスです。

 

ぜひバリアフリー化を本格的に考えている経営者の皆さまには、知っておいたほうがいいノウハウの1つです。

車椅子で食べにくいテーブルは居心地が悪い

車椅子利用者が、あなたのお店に近づいて、外から中の様子を見たときに、「このお店は狭い」と思われたら、その時点で候補から外れてしまいます。

 

たぶん3秒くらいで大丈夫かそうでないかを判断されてしまうでしょう。

 

もし多少の工夫がしていただいたとしても、まわりのお客さまのことを考えると気になって入ることをためらってしまうでしょう。

 

さらに店内の様子に付け加えて、選ぶするポイントの1つとなるのが、テーブルの高さ・幅やその周辺のスペースです。

 

まず高さについてご説明します。

 

あまりにも高さの低いテーブルであったりすると、車椅子のまま奥まで入ることは不可能です。

 

その際に、膝がテーブルに当たってしまい、強引に食事をしようとすれば、かなり手前の位置で食べなくてはならないでしょう。

 

姿勢的には猫背のような状態になり、体勢が厳しい状態になります。

 

そのため高さの基準となるのは70cm前後です。

 

そうなれば、車椅子利用者の大半は利用することができるようになるでしょう。

テーブルの幅においても大事なポイント

次にテーブルの幅です。

 

そこで車椅子の幅はどうかと申しますと、最低でも60cmくらいはあります。

 

そのために60cmより狭い幅のテーブルになると、車椅子を奥までいれることができません。

 

先ほどと同様に、手前の位置で猫背の姿勢で食べなくてはならないでしょう。

 

特に日本そば屋のようなところでは、木造のテーブルが小さく造られており、車椅子で気軽に利用できない課題があります。

 

テーブルの脚においては、余裕を見て70cmくらいの幅があると、車椅子の前輪がテーブルの脚にぶつからないようになるでしょう。

 

そこで悩むのが、すべてのテーブルを変えなければならないかという点ですが、さすがに店舗におけるコスト的問題が立ちはだかるにちがいありません。

 

さすがに経費に余裕がなければ、すべてとはいかないので、車椅子の幅に合わせたテーブルを、ある程度の数だけ用意するのはどうでしょう。

 

場合によっては、お客さまにもご協力いただいて、空いていないときは別のテーブルへの移動をお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

バリアフリーにご理解のあるお客さまであれば、きっと分かっていただけるはずです。

車椅子で入れるスペースにおいても重要なポイント

最後にテーブル周辺のスペースについてです。

 

車椅子は全長で最低でも90cm以上あるので、奥行きについても余裕のある配置が望ましいでしょう。

 

後ろの人とぶつかりそうになったりするのでは、ちょっと窮屈すぎるスペースです。

 

しかもかなりギリギリのスペースですと、実際に車椅子では入ることができなくなってしまいます。

 

なぜならクルマの縦列駐車のように、クルマとクルマの間はある程度空いていないと入ることができないのと同様になります。

 

今まで述べてきたようなことを、実際に車椅子利用者に試してもらわないで、健常者の頭の中だけで考えてしまうと失敗する可能性があるので注意が必要です。

 

万全を期すためには、車椅子利用者に来ていただき、店内のレイアウトを一通りチェックしていただくといいでしょう。

 

そして通路やテーブルまわりをどうするか決めたほうが確実に使いやすいものになります。

 

それだけ実証してはじめて分かる点が多いものです。

 

ぜひ当事者の意見を参考にして、バリアフリー化を図っていただくと、より来店しやすい店舗になるでしょう。

 

————————————-

この度、新ホームぺージを作りました。

無料ダウンロードをご用意しました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

★PDFのダウンロードは

下記をクリックしてください。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

真のバリアフリー77リスト

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 飲食店のバリアフリー化には車椅子のサイズを考えたテーブルまわりのレイアウトも重要なポイント

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


おすすめのバリア解消コラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP