車椅子利用者のニーズをつかむと集客・売上にも影響する

2019.03.06 (水)

あなたのお店の『バリア解消』請負人

バリアフリースタイル代表の白倉栄一です。

 

これからは超高齢化社会です。

 

今でも車椅子利用者が街中に

ものすごく多くなっています。

 

私もたまには電車に乗って

都内へ行くことがありますが、

どこかで自分と同じような車椅子利用者を

1日に何人も見かけるくらいですから、

間違いなく10年前よりも

人数が増えているのは確かです。

 

ところが人によっては、

「車椅子を利用している人を

ほとんど見ないよね」

とおっしゃる方もいます。

 

多分、視点が違うから

気が付かないのではないかと思います。

 

でも小売・飲食などの商業施設を

運営している方々にとっては、

この増えている状況に

いち早く気がつくことが

集客にもつながる要因と

なってくるでしょう。

 

その際に、車椅子利用者が

どのような行動をしているのかを、

ある程度把握してみることで、

店舗の集客につながる可能性もあります。

車椅子利用者はバリアフリーの情報を欲しがっている

駅やショッピングモールは、

2006年のバリアフリー法の整備によって、

車椅子でも利用しやすいように造られています。

 

だからこそ車椅子利用者が街中に増えています。

 

ところがバリアフリー法で

整備されていない商業施設は、

まだまだ情報がブラックボックスになっています。

 

まさに施設がバリアフリーであるかどうかを

ひたすら探さなければ分からない

状況になっています。

 

そのため、車椅子利用者は、

出かける前に、ネットなどで

バリアフリーの情報をつかんだ上で、

外出している人が多いことでしょう。

 

何気なくブラブラ歩きながら、

居酒屋さんに入るようなことは

あまりないように思えます。

 

なぜならそこが車椅子で

入れるかどうかが分からないですし、

大概はバリアフリーに

なっていることがほとんどないからです。

 

そういった状況を踏まえると、

店舗がバリアフリーであるかは、

ものすごく重要かつ貴重な情報となります。

 

しかも「当店はバリアフリーです」

と掲げているような店舗はまだまだ少なく、

実際にあるとしても

「心のバリアフリーステッカー」が

店頭に貼ってあるケースです。

 

これだけでも車椅子利用者にとっては、

安心感があるでしょう。

 

「このお店なら

車椅子利用者でも嫌がられない」

という1つのハードルが

クリアされるにちがいありません。

 

但し、2つ目のハードルは

設備のバリアフリーです。

 

多目的トイレなどが

備わっているかが分かりません。

 

もちろんステッカーの付いている

店舗だからこそ設備も

備わっているケースは

多くなる確率は高くなりますが、

まだまだ設備の設置までは

至っていないことが多いものです。

 

そこで、最近少しずつ浸透しつつある

バリアフリーマップ(アプリ)で

いろいろとバリアフリースポットを

探すことができます。

 

例えば、Bmaps(ビーマップス)や

Wheelog(ウィーログ)で

バリアフリーの店舗を確認したりも

できます。

 

またGoogle検索をして

バリアフリー化されている

店舗を見つけて、

店舗のホームぺージ等で

確認することも可能です。

車椅子利用者の目線にたって考えてみる

その他では

Googleのストリートビューを確認して、

店舗の玄関がバリアフリーかどうかを

確認しているケースもあるでしょう。

 

そういった車椅子利用者の行動を知ることで

何をしたら自店を利用していただけるのかを

もっといろいろと考えてみることが、

とても役立つことでしょう。

 

あとは実際に車椅子利用者が

どうやって店舗を探しているかを

直接ヒアリングしてみることでも

いろいろと分かることが

多くあることでしょう。

 

それが今後増え続けている

車椅子利用のお客さまを集客できる

きっかけになっていくに

ちがいありません。

 

どこの店舗もお客さまを増やすために

必死になっている中で、

バリアフリーであることが、

十分活かせる売上ツールとなることです。

 

まさに今がチャンスだと思います。

 

—————————————-

この度、新ホームぺージを作りました。

無料ダウンロードをご用意しました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

★PDFのダウンロードは

下記をクリックしてください。

 

バリアフリートイレ設置ノウハウ

 

真のバリアフリー77リスト

関連する投稿

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 車椅子利用者のニーズをつかむと集客・売上にも影響する

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6319-5156

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »


おすすめのバリア解消コラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム


⇑ PAGE TOP